赤ペン瀧川先生

日本の俳優

赤ペン瀧川先生について

赤ペン瀧川先生は、映画のコメンテーター兼なんでも添削家であり、瀧川英次の名前で俳優・演出家としても活躍している。また、演劇ユニット「七里ガ浜オールスターズ」の主宰者でもある。

スライドとトークを武器に、一人で様々な角度から添削(ツッコミ)するのが芸風である。友人から転送されてきた、迷惑メールに突っ込んだものをmixiの日記にアップしたところ、続報を期待するコメントが多数寄せられ、コミュニティを立ち上げ添削をスタートした。

現在は、迷惑メールだけではなく親族メールやサラリーマン川柳、ニート川柳、歌詞なども添削している。俳優・瀧川英次としての代表作はドラマ『ドクターX』『下町ロケット』などである。

プライベートでは、2013年に一般人の女性と結婚している。

基本プロフィール

芸名 赤ペン瀧川先生 (Akapen Takigawa)
本名 瀧川 英次 (Eiji Takigawa)
国籍 日本
性別 男性
身長 168cm
体重 69kg
血液型 B型
誕生日 1977年12月27日 (42歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 ワタナベエンターテインメント

性格

赤ペン瀧川先生は、自分で根暗だと思っている。

また、自分のことを知る努力を心掛けている。

趣味

赤ペン瀧川先生は、映画鑑賞が好きで、映画コメンテーターとしても活躍している。DisneyやSPE、dTV、GYAO、ムービープラス等で映画や海外ドラマの添削を担当している。

また、働くママのための生活実用誌『CHANTO』では「ママに捧ぐ映画」を連載している。

その他にもボクシングやゲーム、水泳が趣味。

特技

赤ペン瀧川先生は、バルーンアートが得意だ。22歳の頃に、芝居ばかりしていたのでバイトが出来ず、原宿の路上で風船を売って暮らしていた。

また、空手初段の腕前を持つ。オセロは2級の腕前である。

デビュー前の経歴

赤ペン瀧川先生は、高校1年から2年にかけての春休みに、劇団「月光舎」の『莫』で初舞台を踏んだ。その後は舞台を中心に活動している。

出身・家族・学歴

大学 桐朋学園芸術短期大学

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る