加藤 一二三

加藤 一二三について

加藤一二三は将棋棋士で、2017年6月20日に現役を引退した。現役引退後は、ワタナベエンターテインメントとマネジメント契約を結んでおり、テレビ番組『アウト×デラックス』にレギュラー出演している。また、仙台白百合女子大学の客員教授も務めている。

14歳のときに史上初の中学生棋士としてプロ入りを果たし、当時の史上最年少棋士となった。18歳でA級へ昇格、42歳で名人のタイトルを獲得。高齢現役、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数は歴代1位であり、1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代の各年代で順位戦最高峰A級に在籍したことがある唯一の棋士である。

プライベートでは中学校の同級生である紀代と結婚しており、4人の子供と孫がいる。

基本プロフィール

芸名 加藤 一二三 (Hifumi Kato)
本名 加藤 一二三 (Hifumi Kato)
ニックネーム
国籍 日本
性別 男性
身長 167cm
血液型 A型
誕生日 1940年01月01日 (79歳)
干支
星座 やぎ座

所属

レコード会社
事務所 渡辺プロダクション
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所 渡辺プロダクション
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

性格

加藤一二三は、面白くて、親しみやすくて、温和な性格である。

趣味

加藤一二三は昔から読書が好きで、高校生の時にはよく図書室で読書をしていた。大学時代によく読んでいたのは西洋文学だという。

また、歌を歌うことが好きで、度々テレビ番組でも歌声を披露している。2017年には古坂プロデュースの「ひふみんアイ」で歌手デビューを果たした。好きな音楽はクラシックで、音楽を聴くときには真剣に聴きたいので「ながら聴き」はしない。

特技

加藤一二三の特技は将棋。物心ついたときから将棋をさしており、同年代の人と将棋をさすと必ず勝つため面白くなかったという。

14歳の時に中学生棋士としてプロ入りを果たした。デビューから4年連続で順位戦で昇格し、18歳でA級八段となった。42歳の時に中原誠十六世名人に勝利して「名人」を獲得。他にも「十段」「王位」「棋王」「王将」のタイトルを獲得している。2017年6月20日に現役を引退し、最高齢現役、最高齢勝利、最高齢対局、現役勤続年数、通算対局数、通算敗戦数の歴代1位の記録を持つ。

デビュー前の経歴

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 福岡県
出生地域
高校 京都府立木津高等学校
大学 早稲田大学第二文学部(中退)

解散・引退について

周囲からの評判

1951年、板谷四郎に飛香落ちで指導対局を受けている時にたまたま通りかかった棋士・升田幸三は、加藤と板谷の対局を小一時間ほども見続け、終局後に「この子、凡ならず」という言葉を残している。

また、棋士・河口俊彦は加藤について「何事にも例外はあるもので、年老いても秒読みになるのを恐れず、秒を読まれて誤ることの少ない人がいる。 / 加藤一二三で、この人こそ、天才の中の天才である。パッと浮んだ手が常に最善手で、だから三十秒、四十秒、五十秒……とせき立てられても慌てない。すでに指す手を決めてあるから」と評している。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram なし
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正