鈴木綜馬

日本の俳優 日本の歌手

鈴木綜馬について

鈴木綜馬は、ワタナベエンターテインメントに所属しているミュージカル俳優であり、歌手としても活躍している。以前は、ロックリバーに所属していた。

1982年、大学在学中に劇団四季の30周年記念オーディションに合格し、翌年に『ジーザス・クライスト・スーパースター』で舞台初出演を果たした。在団中は『ウエストサイド物語』や『オペラ座の怪人』『キャッツ』『ハムレット』『美女と野獣』など多くの作品に出演した。

1998年に劇団四季を退団したあとは東宝ミュージカルなどを中心に活躍している。主な出演作は『エリザベート』『レ・ミゼラブル』である。

2010年4月開幕の劇団四季新作ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』に出演した時には、劇団退団者が退団後に客演かつ劇団員以外が新作の主要な役の開幕キャストになることは珍しいことであったため、注目を集めた。近年は自ら作詞・作曲した楽曲によるCD発売・ライブ活動をするなど音楽活動にも活躍の場を広げている。

基本プロフィール

芸名 鈴木綜馬 (Souma Suzuki)
本名 鈴木孝次 (Takatsugu Suzuki)
国籍 日本
性別 男性
身長 178cm
体重 68kg
血液型 AB型
誕生日 1960年12月20日 (59歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 渡辺プロダクション

性格

鈴木綜馬は、感情表現がストレートすぎる時があり、初対面の人に抱き着いて周りを驚かせることもある。

趣味

鈴木綜馬の趣味は、ピアノ、乗馬である。

また替え歌が好きで、『レ・ミゼラブル』や『エリザベート』などの挨拶のときに替え歌を披露し周囲を驚かせたことがある。

特技

鈴木綜馬はイギリスからの帰国子女で英語が堪能なバイリンガルである。舞台『タイタニック』のオーディションの際には英語の歌を披露した。

出身・家族・学歴

大学 玉川大学文学部外国語学科英語専攻

整形

なし

関連するアーティストを見る