夢咲ねね

日本の俳優

夢咲ねねについて

夢咲ねねは、元宝塚歌劇団星組のトップ娘役で、現在はオスカープロモーション所属の女優である。

2001年に宝塚音楽学校に入学し、2003年に第89期生として宝塚歌劇団に入団。月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、月組に配属された。入団2年目で『エリザベート』の大役エリザベート皇后役で新人公演初ヒロインを演じた。2008年に星組へ組替えし、2009年に柚希礼音の相手役として星組トップ娘役として就任。2012年、妹の愛加が雪組トップ娘役に就任し、初の姉妹でトップ娘役を務めた。2015年の『黒豹の如く』/『Dear DIAMOND!!』で宝塚歌劇団を退団し、女優となった。

退団後の主な出演作はミュージカル『サンセット大通り』『グレート・ギャッツビー』である。

基本プロフィール

芸名 夢咲ねね (Nene Yumesaki)
本名 赤根那奈 (Nana Akane)
国籍 日本
性別 女性
身長 165cm
血液型 A型
誕生日 1984年07月04日 (36歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 オスカープロモーション

性格

夢咲ねねは、小さいころから天真爛漫で明るく、破天荒な性格だったという。自身で「娘役の世界を追究してがんじがらめになるタイプ」と分析している。

趣味

夢咲ねねの趣味はラジオ体操。毎朝実践しており、第一体操だけではなく、第二体操まで実践することで身体が軽くなるのが好きだという。

その他にも、リガ鑑賞、海外ドラマ鑑賞、旅行、アクセサリー集めが好きである。

特技

夢咲ねねの特技は3歳から習っているバレエである。その他にも、ダンスや日舞、タンゴ、フラメンコなどの踊りが得意である。

デビュー前の経歴

夢咲ねねは、中学時代に修学旅行で月組公演『ノバ・ボサ・ノバ』を観たのがきっかけで宝塚にハマり、妹とよく宝塚のビデオを見ていた。そして3歳から習っていたバレエに加えて声楽を勉強し、高校在学中に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格した。入学1年目は男役で授業を受けていたが、娘役をやりたかったため入学2年目に娘役に変更した。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 富山第一高等学校

周囲からの評判

宝塚時代に何度も共演した柚希礼音は、夢咲のことを「天真爛漫な人で救われる」と話している。

整形

なし

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る