イ・サンユン

韓国・韓流俳優

イ・サンユンについて

イ・サンユンは、2007年公開の映画『セックスイズゼロ2』でデビュー。同年ドラマ『エア・シティ』や、2011年『チャクペ~相棒~』などを経て、2012年『いとしのソヨン』で注目され、認知度が上がった。

2014年の『LIAR GAME~ライアーゲーム~』では、当初原作のイメージに合わないという反応が多かったが、それまでのイメージを覆す演技を見せ、好評を博した。

また、2015年『2度目の二十歳』でも新たな一面を見せて高評価を受けた。さらに2016年『空港に行く道』で、KBS演技大賞でストカップル賞、ミニシリーズ部門男性優秀演技賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 イ・サンユン (Lee Sang-yun)
本名 イ・サンユン (Lee Sang-yun)
ニックネーム
国籍 韓国
性別 男性
身長 185cm
体重 73kg
血液型 A型
誕生日 1981年08月15日 (37歳)
干支
星座 しし座

所属・分類

グループ名 韓国・韓流俳優
レコード会社
事務所 J.Wideカンパニー
事務所入所年
カテゴリ

出身・家族・学歴

兄弟 なし
出生地域 ソウル特別市
高校 汝矣島高等学校
大学 ソウル大学物理学部

公式サイト・SNS

公式サイト
Insta https://www.instagram.com/leesangyoon15/?hl=ko
Twitter
Weibo

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2016年5月、俳優イ・サンユンとの交際が明らかとなり、互いに交際事実を認めた。当時イ・サンユン35歳、ユイ28歳と7歳の年の差はあったが、お互いに対する信頼と愛情も深く、2人は普通の恋人のようにデートを楽しんでいた。

また、モデルに劣らぬ程の整った外見を持つ二人は、キロクジカップル(背が高くてかっこいい)と呼ばれ、芸能人の間でも羨望の的となった。

交際を認めて以降2人の関係は問題なくみえ、年齢からして間もなく結婚に至るのではとの噂があったが、2017年1月、両事務所側から「2016年初頭に知人の紹介で知り合い交際に発展したが、2人とも忙しいスケジュールをこなしていく中で生じたすれ違いにより、芸能界の良き先輩後輩に戻ることになったようだ」という訣別の報告をおこなった。

ユイはアフタースクールのメンバーで女優としても活躍中。イ・サンユンの7歳年下である。

イ・サンユンとユイは、2016年に知人の集まりで出会い、恋人同士に発展した。同年5月に熱愛報道が出ると、双方の事務所が「いい交際をしている」と認めた。

2人は、俳優イ・キョンのインスタにカップルで登場するなど、仲のいい様子が報道されていた。

しかし2017年1月、ユイの所属事務所が「お互いを応援するいい先輩後輩に戻った」と発表すると、イ・サンユン側も「今年に入り二人は別々の道を歩むことになった」との声明を出した。

破局の理由は明らかにされていないが、関係者によると、2人ともドラマの撮影で忙しくなり、自然に疎遠になったようだということらしい。

ナム・サンミは、イ・サンユンの3歳年下の女優である。

イ・サンユンとナム・サンミは、2010年ドラマ『人生は美しい』に恋人役で共演した。2011年6月に、そろって出演したトークショーで交際宣言したが、2013年1月に双方の事務所から破局したことが伝えられた。

イ・サンユンの事務所は、「特別な出来事や不和があったわけではない、交際期間が長くなり、自然に別れることになったようだ」と発表した。また、ナム・サンミ側は「普通の恋人同士のように、お互いの性格が合わなくて別れた」と伝えた。

また、ナム・サンミは2015年に事業家と結婚し、娘を出産している。

ナム・サンミとイ・サンユンは、ドラマ『人生は美しい』終映以来、共に出演したバライエティー番組『タクシー』にて、交際中であることを明らかにした。

2010年11月に終映した、SBSドラマ「人生は美しい」では、恋人同士から夫婦へと発展していく姿を見せてくれた。最終的に、2013年1月に破局した。

好きなタイプ

イ・サンユンの理想の女性は、やさしく雰囲気がよくて、話の合う女性で、できれば年下がいい。

性格

イ・サンユンの父親は有名な建築設計士である。そのため、イ・サンユンは、裕福な家の一人息子として生まれる。

イ・サンユンは、ソウル大学物理学部という経歴に加え、優れた容貌で「オムチナ(理想の息子、自慢の息子)」「男版キム・テヒ」と呼ばれている。

また、若い頃は分厚い眼鏡をかけたガリ勉タイプで、演技には興味がなかった。しかし、スカウトをきっかけに芸能界に興味を持つようになったそうだ。

イ・サンユンがスカウトされたのは、汝矣島で公益勤務要員として服務中のことだった。その時のことを本人は、「とても内気だったので、人前に立つことなど想像もしていなかった。両親は、モデルをやったら性格が変わるのではないかと、芸能活動にはむしろ賛成だった」と語っている。

また、俳優という仕事については、「演技を始めたのは24、25歳の頃だった。それまでは人前で自分を表現することを避けていたが、演じることの楽しさと満足感は、勉強で得たものより大きかった」と語った。

イ・サンユン自身、演技を始めて心境にも変化があったようで「今までは消極的だったか、これからは新しいことに挑戦したい。南極やインドやヒマラヤに行ってみたい」と語っている。

趣味

イ・サンユンの趣味は、水泳とゴルフ、バスケットボール、音楽鑑賞である。

特技

イ・サンユンの特技は、ピアノと英会話、テニスである。

デビュー前の経歴

イ・サンユンは、俳優としてデビューする前の2004年に、ハイトビールのCFに出演し、その後数多くの広告モデルを務めた。

家族

解散・引退について

周囲からの評判

イ・サンユンと、チェ・ジウは2007年『エア・シティ』に続き、2015年『2度目の二十歳』で2度の共演を果たした。ドラマは大成功し、自身も女性ファンの心をつかんだ。

その時の事を、イ・サンユンは「チェ・ジウ先輩のおかげだ。『エア・シティ』のときは新人だったが、時が流れより発展した形で共演できることになってよかった。今回も、自分のキャリアが足りないので、僕はチェ・ジウ先輩に合わせるように演技した。そうするとなぜかうまくいった。先輩が役に入りこむと自分も自然に反応できた」と語った。

また、2017年『耳打ち』の撮影現場にチェ・ジウがコーヒーのケータリングをプレゼントするなど、厚い友情で結ばれている。

整形

なし

好きな食べ物

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ

韓国・韓流俳優のメンバー

アン・ソクファン

アン・ソクファンは、1987年に演劇『変わったあの世』でデビューした俳優である。1994年の映...

アン・ソンギ

アン・ソンギは、1957年の映画『黄昏列車』で子役としてデビューし、その後も長く愛され続けてい...

アン・ネサン

アン・ネサンは、30歳で演技の道に入った俳優である。舞台演劇を経験した後、1994年、ポン・ ...

アン・ヨンジュン

アン・ヨンジュンは、2006年『秘密の校庭』でデビュー。同年『朱蒙』のユリ王子役で注目集める。...

IU(アイユー)

歌手(韓国)

IUという芸名は、「I」と「You」を合わせた造語で、「君と私が音楽で一つになる」という意味が...

アン・ソニョン

アン・ソニョンは、MBC専属コメディアン11期生として芸能界デビューを果たす。その後、『セクシ...

アン・ヘギョン

アン・ヘギョンは、2001年MBC専属気象キャスターとして芸能界入りした。ルックスと実力を兼ね...

アン・ミナ

アン・ミナは、2005年のドラマ『私の名前はキム・サンスン』で、素朴なパティシエ見習い、イネ役...

アン・ヨノン

アン・ヨノンは、1988年ドラマ『土地』でデビュー。同年第24回百想芸術大賞TV部門子役賞を受...

イ・インソン

イ・インソンは、4歳の時にスカウトされ、雑誌モデルとして活躍した。韓国出身の世界的デザイナー、...

グループ・メンバーを見る