イ・キョン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

イ・キョンについて

イ・キョンは、1997年にダンスグループUPのメンバーとしてデビューするも、わずか2年後にグループが解散してしまう。

その後大学へ進学、音楽番組のVJ、雑誌モデル、CFモデルなどを経て、もともとやりたかった演技の道へ進む。2003年に、シットコム『狎鴎亭の宗家』で演技デビューを果たす。

2005年のシットコム『アンニョン、フランチェスカ』では、鶏の血を輸血され、知能に問題のある吸血鬼になってしまったという、奇想天外な役柄を個性的かつキュートに演じ上げた。その結果、MBC演技大賞コメディ/シットコム部門新人賞を受賞した。

他のキョンの出演作には、2010年のドラマ『星をとって』や2014年のドラマ「三銃士」などがある。アイスバケツチャレンジや、釜山国際映画祭での女優たちの露出について、SNSを通じて批評的なコメントを上げ、度々話題を集めている。歌手のカンタは、またいとこである。

基本プロフィール

芸名 イ・キョン (Lee Kyeon)
本名 ヤン・サンモ (Yang Sang-mo)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 60kg
誕生日 1982年02月20日 (38歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 ポラリスエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

イ・キョンの交際関係について、2010年12月にアフタースクール出身の女優ユ・ソヨンと破局したことを、2人に近しい人物が明らかにした。その人物によると、「2人は知人の紹介で出会い、演技という共通点を介してお互いに好意を持つようになった」という。

2009年秋からは、主に新沙洞カロスキルでデートを楽しんでいたという。両者とも「親しいことは確かだが、交際はしていない」と否定している。

好きなタイプ

イ・キョンの理想のタイプは、女優のシン・セギョンである。

性格

イ・キョンは童顔で、シットコムの出演が多いせいか、明るいひょうきん者だと思われることが多い。

しかし、本人は「実際には、遊び心のない日常を送っています。また、世間からのイメージが、少し負担な時もあります。特に仕事をするときには、脚本家の方がイメージでキャスティングするので、主人公をサポートする役とか、家族の中の末っ子とかばかりになります。それがストレスだというのではありませんが、僕が持っている他の面も生かしていきたいとも思っています。いつも決まったイメージで見られると、息苦しいです」と語っている。

また、SNSでの発言がしばしば話題となっているが、キョンは「自分の率直な姿を見せることができるツールとして、利用している」と、自分を表現する一つの場所として捉えているようである。

趣味

イ・キョンの趣味は、サッカーや登山、マラソン、キャンプなどである。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 一山東高等学校
大学 水原大学演劇映画科

周囲からの評判

イ・キョンは、2010年のドラマ『美しき人生』にカメオ出演したが、2週間ほどしてからまた呼ばれ、レギュラーとなったことがある。脚本家のキム・スヒョンが、キョンのツイッターを見て、キョンの性格やスタイルを把握していたからだという。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る