イ・ギヨル

韓国の俳優・韓流スター

イ・ギヨルについて

イ・ギヨルは東国大学で演技を学んだ後、1981年に国立劇団に入団し、『世宗大王』でデビューした。いくつかの舞台を経験した後、テレビドラマ、映画へと活動の場を広げる。

2005年、エリック扮する新入社員カン・ホを追い出そうとするキム専務役で注目を集めた。『明成皇后』『外科医ポン・ダルヒ』『恋する国家情報局』『軍師リュ・ソンリョン』など数多くの作品に出演している。

基本プロフィール

芸名 イ・ギヨル (Lee Ki-yeol)
本名 イ・ギヨル (Lee Ki-yeol)
国籍 韓国
性別 男性
身長 172cm
体重 69kg
誕生日 1955年09月03日 (65歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 Feエンターテイメント

性格

ギヨルの人柄や私生活についてはあまり知られていないが、2014年に出演したトークバラエティ『家族の品格フルハウス』で、「遅く結婚して、41歳で授かった息子が一人いるが、一緒にいられる時間が限られているので、息子が不憫でかわいそうだ」と息子について話している。また、「私がいなくなったら誰が面倒を見るのだろうかと考えると、何か息子の為に残してやりたいと思う」と切ない親心を語った。

他にも、息子に「お父さん、その顔でどうして芸能人になろうと思ったの?」と言われた話や、「最近抜け毛がひどくて悩んでいる。元々さびしい顔なのに、髪まで薄くなった。役柄に変化をつけれなくて困る」と自身の悩みを冗談交じりに打ち明け、共演者たちの笑いを誘った。

デビュー前の経歴

ギヨルは高校生の時に演劇部に入り、コンテストの舞台に立ったところ、思いがけず演技賞を受賞した。その時感じた大きな喜びがきっかけで、演技の道へ進むことになった。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 東国大学演劇映画科

整形

なし

関連するアーティストを見る