イ・オン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル

イ・オンについて

イ・オンは、シルム(韓国相撲)の元選手で、モデル出身の俳優である。2006年映画『ヨコヅナ・マドンナ』で俳優デビューを果たす。映画の為に16kg増量し、更に国体で金メダルを獲った経歴を生かして、リアリティたっぷりにシルム部の主将を演じた。

その後ドラマにも出演し、2007年の『コーヒープリンス1号店』で純粋であたたかいキャラクターを演じ、注目を集めた。2008年『どなたですか?~天国からのメッセージ~』『必殺!最強チル』と出演作が続いていたが、同年8月21日未明、バイク事故で帰らぬ人となった。

死因は頸椎骨折で、享年27歳という若すぎる死であった。葬儀には、エリック、ク・ヘソン、ユン・ウネなど歴代の共演者たちが数多く訪れた。

基本プロフィール

芸名 イ・オン (Lee Eon)
本名 パク・サンミン (Park Sang-min)
国籍 韓国
性別 男性
身長 188cm
体重 77kg
誕生日 1981年02月25日 (39歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 エスティーム
デビュー年 1999

趣味

イ・オンの趣味は、コンピューターとクラブDJをすることである。

デビュー前の経歴

イ・オンは、1997年と1998年に、全国体育大会シルム部門で金メダルを取った経歴を持つ。

2000年にモデルとしてデビューを果たした。偶然テレビで見たチャ・スンウォンのファッションショーを見てモデルへの転向を決意したそうで、モデルになる為に30kgの減量に成功した。

モデル時代はEscada、Giorgio Armani、Lacoste、DKNYなどの有名ブランドのショーで活躍していた。俳優デビュー前には、ピの「It's Raining」のミュージックビデオやMnetの『I AM A MODEL MEN』などに出演していた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 不明
大学 不明

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る