アン・ネサン

韓国の俳優・韓流スター

アン・ネサンについて

アン・ネサンは、30歳で演技の道に入った俳優である。舞台演劇を経験した後、1994年、ポン・ ジュノ監督の短編映画『白色人』で、映画初出演を果たす。

1997年チャン・ソヌ監督の『悪い映画』を経て、2002年にイ・チャンドン監督の『オアシス』、2010年には同監督の『ポエトリー アグネスの詩』など、数多くの映画に出演した。2011年『鞭』では、初めて主演を務めた。

ドラマでは、2007年『漢城別曲』で演技力を認められ、続く『糟糠の妻クラブ』のコミカルな演技で注目を集めた。現在も、『怪しい三兄弟』、『ハイキック3 短足の逆襲』『太陽を抱く月』などに出演し、活躍中である。

基本プロフィール

芸名 アン・ネサン (Ahn Nae-sang)
本名 アン・ネサン (Ahn Nae-sang)
国籍 韓国
性別 男性
身長 175cm
体重 66kg
誕生日 1964年12月25日 (55歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 メルセンエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

アン・ネサンは、1999年に、かつての演劇仲間であった女性と結婚している。ともに演技を志していたので、生活が厳しいことにも理解があったそうだ。

2人の間には、娘が一人いる。「自分が余計な心配をせず、演技に集中できるよう、妻も娘も、それぞれ自分の務めを果たしてくれている。平穏無事に暮らしていることが、何よりの幸せではないか」と語っている。

好きなタイプ

性格

アン・ネサンは、子供の頃から演技を始めるまでの過程を見ると、極端につっ走る性格であることがわかる。

父親が事業に失敗し、子供の頃、大邱からソウルに移り住んだ。小学校では授業に出ず、校庭で遊び、タバコまで吸っていたという。

ある日「アイスを買ってあげる」と誘われ、教会に行ったことで、すっかり信仰にめざめてしまう。中・高時代を通して、その信仰の火は消えず、牧師になるために、延世大学の神学科に進んだ。ところが、勉強を続けるうちに、徐々にマルクスに傾倒するようになり、やがて学生運動にのめり込んでいく。1988年、ついに光州市の米国文化院に、時限爆弾まで設置してしまった。爆弾は不発に終わったが、自首し、8か月を刑務所で過ごした。

大学卒業後、今度は労働運動に取り組むため、釜山の工場で働き始める。しかし、わずか3か月で退職し、目標を見失った。そんな時、友人に「演技でもしてみたら」と言われ、丁度教育生を募集していた芸術アカデミーに応募し、見事合格した。ここでネサンは、ようやく演技の道に進むことになった。このとき、ネサンは30歳であった。

趣味

特技

デビュー前の経歴

アン・ネサンは、俳優として活躍し始める前、最初に入った芸術アカデミーで、チェ・ヒョンイン教授の下で、一年間演技を学んだ。その後、教授が代表を務める劇団「漢陽レパートリー」に加入する。

「漢陽レパートリー」は、主に漢陽大学出身者で構成される、有名な劇団である。そこでソル・ギョング、イ・ムンシク、クォン・ヘヒョらと共に、劇団生活を送った。『ライアー』『真夏の夜の夢』などの舞台に立った。2011年まで、劇団に所属していた。

出身・家族・学歴

兄弟 兄、妹二人
出生国
出生地域
高校 培明高等学校
大学 延世大学神学科

解散・引退について

周囲からの評判

アン・ネサンの妹は、ソル・ギョングの前妻である。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る