近藤芳正

日本の俳優

近藤芳正について

近藤芳正は、愛知県生まれで、大河ドラマなどでも活躍している名俳優である。

高校を卒業してからは、「俺は役者になる!」と湯浅実に弟子入りし、1年間俳優の修行をした。その後、劇団青年座で2年間過ごした後、劇団七曜日へ。劇団の中で演技力を磨いていたそうだ。

32歳の時にドラマ『この愛にいきて』に出演している。

また、中日ドラゴンズの大ファンである事で有名のようだ。ナゴヤ球場で、アイスクリーム売りのアルバイトをした事がある。

基本プロフィール

芸名 近藤芳正 (Kondo Yoshimasa)
本名 近藤芳正 (Kondo Yoshimasa)
国籍 日本
性別 男性
身長 171cm
血液型 AB型
誕生日 1961年08月13日 (59歳)
干支
星座 しし座

所属

事務所 ケイダッシュ
デビュー年 1970

好きなタイプ

近藤芳正は、人見知りが激しく、特に初対面は大の苦手なのだそう。苦手な人に会う前にするおまじないがあるほどである。

人見知りな近藤芳正は、積極的で明るい女性が好きなタイプのようだ。

過去に結婚していた、元妻のエピソードがあり、酒に酔った元妻がマンション駐車場のクルマの下に潜り込んで寝てしまい、警察に通報されて大騒ぎになっ事があるそう。このエピソードを聞いても破天荒な元妻だった事がわかる。

近藤芳正の好きなタイプは、自身の消極的な性格とは、反対のタイプに惹かれるようだ。

性格

近藤芳正は、健康オタクである。1日に1-2リットルの水を毎日飲んだり、腰痛持ちのため、紐で脚を縛って寝たりと、さまざまな健康法を試しているのだという。

また、極度の人見知りで、初対面がとくに苦手であり、苦手な人に会う前にするおまじないがあるのだそう。

陶芸が好きで、器用な性格であるともいえる。青梅市の陶芸教室に、弁当持参で2時間かけて通っている。陶芸の失敗作は、飼っている猫のご飯を入れるお皿として利用しているそうだ。

また、中日ドラゴンズの大ファンであることも有名だ。ナゴヤ球場で、アイスクリーム売りのアルバイトをした経験がある。

ひとり旅が好きで、さまざまな場所へひとり旅行をしたり、登山も好きなのだそう。富士山へ登頂したこともあるし、高尾山にもよくひとりで登るのだとか。

以上のことから、決して積極的な性格ではないが多趣味であり、ひとりで何かを黙々とすることが好きな性格のようだ。

趣味

近藤芳正の趣味は、音楽観賞 サックス 陶芸 野球 水泳 アイススケートとのこと。

また、さまざまな健康法を試すのも趣味で、健康オタクである。1日に1-2リットルの水を毎日飲んだり、腰痛持ちのため、紐で脚を縛って寝たりしている。

陶芸が好きで、器用な性格であるともいえる。青梅市の陶芸教室に、弁当持参で2時間かけて通っているそうだ。陶芸の失敗作は、飼っている猫のご飯を入れるお皿として利用しているのだそう。

登山も好きで、富士山へ登頂したこともあるし、高尾山にもよくひとりで登るのだとか。

デビュー前の経歴

近藤芳正は小学校時代、学芸会の演技をほめられたことが嬉しくて、親に頼んで児童劇団に入ったのだそう。

また、高校を卒業してからは、「俺は役者になる!」と湯浅実に弟子入りし1年間俳優の修行をしている。その後、劇団青年座で2年間過ごした後、劇団七曜日へ。劇団で演技力を磨いていた。

また、32歳の時にドラマ『この愛にいきて』に出演している。

近藤芳正は、中日ドラゴンズの大ファンである事でも有名のようだ。ナゴヤ球場で、アイスクリーム売りのアルバイトをした事がある。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
高校 私立立花高校卒
大学 進学していない

周囲からの評判

近藤芳正は、高橋克実、段田安則、堤真一、寺島進、寺脇康文、永島敏行、八嶋智人。以上のメンバーは友人であり、草野球仲間なのだそう。

また、俳優である中井貴一とは同い年であり、仲が良いそうだ。

整形

疑惑なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る