知念侑李

Hey! Say! JUMP NYC ジャニーズ

知念侑李について

知念侑李は、幼い頃からダンスを習っており、嵐の大野智に憧れて2003年ジャニーズJr.のオーディションを受けた。同日、オーディションを受けた中には、のちのメンバーとなる有岡大貴もいた。

その日はちょうど香取慎吾主演の映画『NIN×NIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』のオーディションにも行くように言われ、「ぼく眠いから行きたくない」と泣きながら母親に訴えたが見事合格し、映画初出演を果たした。

2007年、Hey! Say!7のメンバーに選ばれ「Hey! Say!」でCDデビューを果たした。そして同年9月にHey! Say! JUMPが結成され、11月には「Ultra Music Power」でCDデビューした。

知念は、山田涼介、中山優馬とのユニットNYCとしてもCDを出している。

基本プロフィール

芸名 知念侑李 (Yuri Chinen)
本名 知念侑李 (Yuri Chinen)
国籍 日本
性別 男性
身長 159cm
体重 50kg
血液型 AB型
誕生日 1993年11月30日 (26歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ

Hey! Say! JUMP

NYC

事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 2003
デビュー年 2003

好きなタイプ

知念侑李の好みの女性のタイプは、よくしゃべり、よく笑う人、明るくて話が合う人、甘えさせてくれる人、お姉ちゃんタイプの人、話しかけやすい雰囲気を持っている人、サバサバしている人である。

また「決め手になるのは中身。特に大事なのは品格。流行り言葉ばかり使う子は苦手です」と答えている。

外見については、ショートカットの子に魅力を感じる、ファッションは清楚かつ、カジュアルで派手じゃない服装が好きと語っている。

このように具体的な好みをいろいろ挙げる一方で、知念は常々「結婚願望はない」と話している。

性格

知念侑李は、Hey! Say! JUMPの小悪魔弟キャラである。20代になった現在でも他の8人のメンバーからとにかく可愛がられており、甘えることが許されている。

実際、10代の頃は髙木雄也や有岡大貴などの膝の上に乗ったり、膝枕で寝てしまったりしていたという。また岡本圭人と歩いている途中、知念が疲れて眠くなってしまい、岡本がおんぶしたこともあったという。

山田涼介は知念と同い年にも関わらず、10代の頃からいろいろ面倒を見ているという。ちなみに知念は山田のことをスマホの連絡先に「財布」と登録している。

知念侑李はとても人見知りがある。運動神経が抜群で何でもそつなくこなせるタイプで天才肌と言われているとおり、あまり努力している姿は見せず、普段から弱音を吐いたり感情を表に出すタイプではない。しかし、初の単独主演作の映画となった『坂道のアポロン』(2018年公開)のクランクアップでは、そんな知念も涙をこぼしたという。

また、Hey! Say! JUMPの10周年で初めてスタッフ抜きの9人で食事会を開いた際、カラオケで一人ずつの挨拶をしながら「Hey! Say! JUMPで良かった」と泣きじゃくり、他のメンバーがデレデレしたというエピソードもある。

趣味

知念侑李は基本的には無趣味だったが、最近では動画撮影やゲームをするようになったという。

動画撮影をするようになったきっかけは、もともと自身が動画サイトをよく見ていて、自分もできるのではないかと思ったことだという。メンバーの山田には「何が楽しいのかさっぱりわからない」と言われているが、撮影より編集作業が楽しいという。メンバーの楽屋での風景もよく撮影しており、いつの日か、コンサートで使われる映像の制作にも関わりたいという夢がある。

特技

知念侑李の特技は、ジャズダンスとバク転である。

母親がジャズダンスの教師をしていたことから3歳でダンスを始めている。ジャニーズに入所後ももちろんそれは生かされており、覚えも非常に早い。

また映画『坂道のアポロン』ではジャズピアノを演奏する場面があり、譜面が読めない知念は、ダンスの要領で先生の手の動きを見て覚え、映画では吹き替えなしで見事な演奏をしている。

また、父親が体操教室を開いていることから、子どもの時から体操にはなじみがあり、コンサートでもたびたびバク転を披露している。2017年には『世界体操』のプレゼンターに選ばれ、事前番組で見事な跳馬、あん馬、ゆかの演技を披露した。

デビュー前の経歴

知念侑李の母親と姉が嵐の櫻井翔のファンだったため、幼稚園児の頃から嵐のコンサートへ行き、次第に大野智に憧れるようになったという。自身も「嵐に関してはオタク」だと話している。

小さい頃からジャズダンスを習っており、ジャニーズJr.時代はターンが得意で、「ターン要員」にさせられていたことから自分は「一発屋ジュニア」になってしまうのではないかと不安だったという。

KAT-TUNのバックダンサーを務めていた2007年、山田涼介、中島裕翔、有岡大貴、髙木雄也と共にジャニー社長に呼ばれ、「YOUたち今日からこれだよ」とホワイトボードに書かれたHey! Say! 7というグループ名を見せられ、その後、「Hey! Say! 」でCDデビュー。のちにこのHey! Say! 7が母体となり、Hey! Say! JUMPが誕生した。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 堀越高校
大学 進学せず

家族のエピソード・詳細

父親は、バルセロナオリンピック体操団体銅メダルの知念孝である。

周囲からの評判

Hey! Say! JUMPメンバー全員から可愛がられている。

中島裕翔、岡本圭人は何かにつけて知念のことを「かわいいかわいい」と言っており、山田涼介は知念を「天才」と呼んでいる。

また、髙木雄也は「(知念は)いい意味で頑固だし、言い出したことを誰かに言われても『いや、僕は違うと思います』って曲げない」「知念のアクロバットに頼ってた時期があって。グループのためなら絶対やり切ってくれる。コツコツ努力はしてるでしょ。それを見せないだけで」と語っている。

整形

なし

Hey! Say! JUMPのYouTube Channel

NYCのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

知念侑李の楽曲

すべての楽曲を見る

Hey! Say! JUMPのメンバー

NYCのメンバー

知念侑李が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

関連するアーティストを見る