岡本圭人

Hey! Say! JUMP ジャニーズ

岡本圭人について

岡本圭人は、元・男闘呼組の岡本健一とモデルの母の間に生まれる。9歳から14歳までイギリスに単身留学していたが、日本に一時帰国した際に滝沢演舞城を観て、自分より小さい子が踊っているのを知り「ジャニーズに入りたい」とずっと胸に秘めていた想いを父に告白したという。

2006年8月14日にジャニーズ事務所入所。入所後も夏休みだけ日本でJr.活動をする程度だったが、2007年にイギリスに戻る直前に、ジャニー社長からHey! Say! JUMPに入ることを打診された。そして同年9月24日、Hey! Say! JUMPが結成され、11月14日「Ultra Music Power」でCDデビューを果たした。

2011年には『3年B組金八先生ファイナル』『ファーストクラス』で俳優デビューも果たした。

基本プロフィール

芸名 岡本圭人 (Keito Okamoto)
本名 岡本圭人 (Keito Okamoto)
国籍 日本
性別 男性
身長 174cm
体重 62kg
血液型 O型
誕生日 1993年04月01日 (27歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

参加グループ

Hey! Say! JUMP

事務所 ジャニーズ事務所
事務所入所年 2006
デビュー年 2006

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2013年年8月の『フライデー』に有村架純との2ショット写真が掲載された。自撮りであったため、どちらかの携帯から流出したものとされている。

二人は神木隆之介の紹介で出会ったと言われている。しかしそれ以前から、岡本が『ミュージックステーション』で紹介した飼い犬のチワワと有村が自身のブログで「親友んちのわんこ」として載せたチワワが同じではないかと一部ファンの間では言われていた。

報道後、有村はブログで謝罪。事務所との話し合いの末、二人は破局したが、岡本が有村の腰に手をまわして抱き寄せたり、笑いあったりキスしている仲睦まじい幸せそうな2ショットだったため、ファンの間では復縁を望む声もある。

報道から4年の年月を経て二人は『NHK紅白歌合戦』で紅組司会者と白組出場者という立場で共演した。

好きなタイプ

岡本圭人の好きな女性のタイプは、笑顔が可愛らしい人、褒め上手な人である。平和主義なので「頼むから怒らないで」とも語っている。

女の子にしてほしいデートスタイルは「俺の私服が黒っぽいから、彼女にはキレイな色の服を着てほしい。白のニットワンピースとか」「寒そうなかっこうをしていると心配になっちゃうからマフラーをぐるぐる巻いてる姿も好き」と語っている。

髪フェチなのでふわっとした巻き髪に目がいってしまうとう。ちなみに10年前のデビュー当時は「ほのぼのしてる子」が好みだと答えていた。

性格

岡本圭人は「Hey! Say! JUMPの英国紳士」と言われている。

普段から全く怒らず、イライラしても怒りが涙に変わってしまうタイプだという。幼少期から母親に「自分がされてイヤなことは人にしちゃダメ」と言われて育ち、全寮制のイギリス生活5年間でジェントルマンとしての所作を身に付けたという。

Hey! Say! JUMPのメンバーも「圭人は優しい」と口を揃えており、本人は「確かに怒りっぽくはないですけど。でも考えてみてください。(デビュー当時)歌もダンスもトークも何もできなった人間がこれで性格悪かったら最悪っすよ。せめて優しくなきゃ」と笑っている。

その優しさは「新しいアルバムの中で好きな曲は?」という質問にも「選ばれなかった曲がかわいそうだから選べない」と答えてしまうほどである。岡本が持っているジャニーズweb内の連載でも彼の優しさに溢れた文章に癒されるファンも多い。

「平和が好きな人間。周りの人に幸せになってほしい。みんなが笑顔になってくれれば僕はそれでいいんです」と話している。ただ、優しい中にも熱い想いを秘めている野心家な面も垣間見える。

趣味

岡本圭人の趣味は音楽鑑賞、ギター、読書、ビリヤード、映画鑑賞で、最近は少し料理もしているという。

読書家で村上春樹などを読み、先輩の加藤シゲアキ(NEWS)の著作は全て読んでおり、最近は『チュベローズで待ってる』を読んだことを語っている。

ビリヤードは山田涼介と一緒に行くこともある。

好きな映画は『トゥルーマン・ショー』『6才のボクが、大人になるまで』『あの頃ペニー・レインと』『セブン』『ミスト』である。

音楽は、洋楽邦楽問わずロック好きで、自身の出演する公演の合間をぬって音楽フェスに行くほどで、いろいろなアーティストのライブにもよく足を運んでいる。

特技

岡本圭人の特技はギターと英語である。ギターを始めたのはデビュー後だが、コンサートではJUMBバンドのギタリストとしても活躍している。

Jr.の経験がほとんどなかったため、デビュー当時はダンスや歌もほとんどできず、少しでもJUMPにとってプラスになること、コンサートで披露できるものが欲しいと思い、父である岡本健一に教えてもらったという。

5年間の留学で身に付いた英語はネイティブ級。帰国後はインターナショナルスクールに通い、卒業後も家電の表示は英語に設定したり、常に英語に触れるように努力をしているという。

デビュー前の経歴

2006年にジャニーズ事務所に入所した後も学業優先で主にイギリスで生活し、夏休みの一時帰国でジャニーズJr.活動をする程度だったため、ダンスや歌の経験もほぼないままHey! Say! JUMPとしてデビューした。

初めて覚えたダンスは、山田涼介、有岡大貴らが所属していたHey! Say! JUMPの前身である期間限定ユニット(旧)Hey!Say!7の「Hey! Say! 」。デビュー当時はダンスが覚えられなくて振付師に怒られてよく泣いていたが、恥ずかしかったためメンバーには「頭が痛い」と言い訳をしていたという。また、他にできるJr.の人たちがたくさんいるのに何もできない自分がここにいていいのだろうかと自分の決断を後悔した時期もあったとのちに語っている。

そしてその頃、心の支えになってくれたのがメンバーの知念侑李で、岡本が辛い時期、渋谷に集合して仕事現場で二人でイヤホンを片方ずつつけて聞きながら歩いていたという。そのころ、中島裕翔も優しくダンスを教えてくれたと語っている。また、薮宏太や八乙女光らHey! Say! JUMPの年上組との架け橋になってくれたのは有岡大貴。個人の仕事がなかったり、歌番組に出てもテレビにほとんど映らないことで悩んでいた時、有岡に電話で相談をしながら泣いてしまい、有岡も泣いてくれたという。

出身・家族・学歴

兄弟 いない
高校 インターナショナルスクール
大学 上智大学在学中

家族のエピソード・詳細

父は、元・男闘呼組の岡本健一である。

周囲からの評判

周囲の仲間は、岡本圭人についてこう話している。

メンバーの薮宏太は「優しい以外の言葉が見つからないほど優しい男。平和を愛する心はジョン・レノン並み」と語っている。

薮と共にジャニーズJr.のトップであった八乙女光は、デビュー当時は厳しく岡本を叱りながら育ててきたが「JUMPで一番圭人がかわいい」と言っている。そんな経緯もあり、岡本はいまだに八乙女に緊張してしまうが、「お兄ちゃんみたい」だと思っている。

GPSでお互いの位置情報を把握しあうほど仲のよい山田涼介は、プライベートで「圭人と知念がいないと無理」と言う。KAT-TUNの中丸雄一は「岡本くんの気遣いは日本トップレベルだと思う」とも話している。また、有岡大貴は「優しいだけじゃなく、芯が通っている。自分を持っている」と語っている。

整形

岡本圭人はデビュー当時、切れ長の目だったが、現在はくっきりと二重になっており、整形の噂があるものの、父親である岡本健一にどんどん似てくるので成長によるものだと言われている。

Hey! Say! JUMPのYouTube Channel

岡本圭人の楽曲

すべての楽曲を見る

Hey! Say! JUMPのメンバー

岡本圭人が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

関連するアーティストを見る