ジェットダイスケ

YouTuber・クリエイター

ジェットダイスケについて

ジェットダイスケは、ビデオブロガーで、ビデオグラファー、フォトグラファーとして活動している。

動画クリエイターとしてのハンドルネームは、ジェット☆ダイスケである。

大阪芸術大学に在学中の90年代半ばより、ビデオアート系の映像作家として活動開始している。

2009年に、アルファブロガーアワードを受賞し、ビデオアート系の映像作家としても受賞していて活動している。また、日本で最初の動画レビュアーとして知られる。

ジェットダイスケのブログ「ガジェット☆ダイスケドットコム」では、主にデジタル商品を動画と共に紹介している。ビデオブログのために考案した映像の編集技法「ジェットカット」を駆使し、独自視点でデジタルガジェットなど電子機器のレビュー動画を日々配信している。 そのなかでも最新デジカメ、ビデオカメラや、シンセサイザーのような鳴りもの系ガジェットを得意とする。

2013年より、UUUMの顧問を務めている。

『JETDAISUKE』では、製品レビューや体験動画などが中心となっており、『jetdaisukex』では、実験的なことや撮って出し、また補足情報やコミュニケーションなどなどを載せている。

基本プロフィール

芸名 ジェットダイスケ (Jetdaisuke)
本名 愛場 大介 (Daisuke Aima)
国籍 日本
性別 男性
身長 181cm
体重 0kg
誕生日 1974年01月01日 (46歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 UUUM
デビュー年 2006

好きなタイプ

不明

性格

ジェットダイスケは、ビデオブログをすることで、自分が全面に出ることに抵抗があったようだ。

つい最近までサングラスをずっとかけて、ジェットダイスケを名乗っているのも、ネットであまり本名出したくなかったからというのが理由だったという。

ジェットダイスケがYouTubeを始めた時は他に誰もいなかったので、個人とか個性とかが重要になってくる前の時代だった。ただ「顔出してるおっさんがいる」というだけで、ユニークと思ってもらえたようだ。

ビデオブログを、約10年続けて、更新を続けていくなかで、最初は好きで始めたという。これをやれと言われても、好きじゃなかったらできないと語る。

また、「ちゃんといい機材持ってるのに、なんで照明立てていいカメラで撮らないんだ」と聞かれるが、それをやってると多分続かないという。その辺の適当なカメラを使って、適当な部屋で、朝起きて寝癖のついたまま撮る、そしてそれを許してくれる視聴者がいるから、それが成り立っているようだ。

サラリーマン時代からやっていたことなので、仕事が終わったあとや、週末にやっていた。最初の発端は課外活動のようなことだった。そこから来ているから、その労力でやれることしか、やっていなかったようだ。

今は相当時間もかけてやっているが、気分的には当時の感覚が抜けていないようだ。だからモチベーション高めるより大事なのは、いかにして労力をかけないかということが重要かという。

趣味

ジェットダイスケは、浜大津の京阪電車カーブが大好き、京都モーニングも好きである。

特技

ジェットダイスケの商品レビューで代表的なものといえば、大のカメラが好きで、動画外でも良くカメラを使って写真を撮っている。

2017年は、東京・銀座で初の個展『宝石のような「セミの美」』を開催した。『空蝉』(うつせみ)と題された展示は、セミの羽化の模様を、高画質のデジタル一眼カメラとマクロレンズで撮影したものである。

2018年には、4月11日〜22日まで京都、5月21日〜6月16日までに東京で『夜想曲 - Nocturne』を開催した。

将来的には写真家をやりたいと思っている。

デビュー前の経歴

ジェットダイスケは、富山県の小さな山間の町で生まれ、高校卒業まで住んでいた。

2014年の『YouTubeで食べていく 「動画投稿」という生き方』の中で、故郷は今は訪れる理由もない場所で、映画館やコンサート会場のような文化的なものは、遥か彼方の存在だったという。現在YouTuberとして活躍するクリエイターには、北陸地方出身者が多いと分析している。

ジェットダイスケは中学1年生の頃から希望していたギター部に入れず、3年生になってようやくギター部に入れたが、入部初日に顧問の先生がギタークラブを「V&Gクラブ」に名称を変更し、ビデオ作品の研究を開始した。クラブの先生が、MSXとビデオ編集用のカートリッジをもって指導し、ジェットダイスケは父が買ったきり使わなくなったビデオカメラやお年玉を集めて、MSXとビデオデジタイザーを買いクラブ活動をしていた。

中学在学当時に放送していた、『コサキン勝手にごっこ』や『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』などにも関心があり、動画制作に意欲があったという。

大学に入学してからは、音楽制作への欲求も沸き、卒業後、大阪の作曲家先生の元で働き映像制作プロダクションを立ち上げるためにスポンサーを集めたが挫折した。

大学卒業後に就職した企業でも、Mac関連やCD-ROM収録用の動画編集に携わるなど、動画やインターネットが一般的でなかった頃から、20年以上にわたって制作の知識と経験を蓄積してきた。

2006年2月から、YouTubeでの動画配信を開始した。最初はブロガー仲間で『ONEDARI BOYS』というのを始めて、「ブロガーに対して商品提供をしてもらい、それについて書く」ということをやり始めた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
出生国 日本
出生地域 富山県
高校 富山県立入善高等学校
大学 大阪芸術大学映像学科卒業

周囲からの評判

ジェットダイスケは、2017年に滋賀県大津市に引越ししたことが話題になった。もともとは、東京に住んでおり、滋賀県の魅力に魅了され、京都も好きだったので、琵琶湖も京都も近い滋賀県に引越しした。

ジェットダイスケは「ジェットカット」といわれる手法を考案し、無駄な部分が大胆にカットされ、いわゆる「ジャンプカット」のことで、動画の不要な部分を、細かくカットしてつなぎ直す編集であり、スピード感があるので、気持ちよく動画をつくることができる。

整形

ない

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る