小谷早弥花

日本の俳優 日本のモデル

小谷早弥花について

小谷早弥花は大学時代にスカウトされ、モデルとしてファッション誌やテレビCMなどに出演した。卒業後は芸能プロダクションに所属し、女優として舞台やTVドラマなどへ活躍の場を広げている。NHK連続テレビ小説『花子とアン』など数多くのドラマにも出演している。

2018年5月、舞台『嵐が丘』(東京・日生劇場)に出演。2007年、大学を卒業後に上京、CMやPVなどに出演し、その年の暮れより、芝居を勉強するために、いろいろな劇団の公演に参加する。

その後、2009年以降に舞台『流れ星』、『WHAT A WONDERFUL LIFE!』などに出演し反響を頂き、TVドラマ『鉄の骨』、『松本人志のNHKコント』、CX系『素直になれなくて』等に出演し、現在、多方面に活躍の場を広げている。

基本プロフィール

芸名 小谷早弥花 (Sayaka Kotani)
本名 小谷早弥花 (Sayaka Kotani)
国籍 日本
性別 女性
身長 163cm
血液型 A型
誕生日 1984年10月16日 (35歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 2008

好きなタイプ

不明

性格

小谷早弥花はとても真面目な性格である。小谷早弥花は演技を通して「小さなしぐさから何気ない表情まで、演技には、その役者の生き方や人間性の全てが出る」と語っている。厳しい稽古を乗り越えて、観客の方々の温かい拍手や応援の言葉をいただけるのが本当にうれしく、どんなに厳しい稽古でも乗り越えようという力が湧いてくるという。

どんな役柄にも挑戦して、「自分」という仕事の質を高めていきたいという小谷早弥花。彼女が演技にかける思いから、彼女の真面目さがとてもにじみ出ている。

趣味

小谷早弥花の趣味は写真、人間観察、散歩、セッション、服作りである。

特技

小谷早弥花の特技は水泳、料理、飛び蹴りである。

デビュー前の経歴

小谷早弥花は、大学生時代にモデル事務所にスカウトされる。摂南大学を卒業後に上京し、スターダストプロモーションに所属した。

小谷早弥花は、大学時代の思い出として、まず頭に浮かぶのは、美味しかった学食だという。他学年に友達が多かったので学食で多くの時間を過ごしていたようだ。

授業では、前のめりで法律を学び、学食や中庭では、仲間たちから世界の面白さをたくさん教えてもらう毎日、頭と心はフル稼動で、忙しくも笑いが絶えない日々だったという。

小谷早弥花は大学時代、モデルの仕事はアルバイト感覚でやってそうだ。けれど生きていく道を考えた時、この仕事に本気で打ち込んだらどこまで行けるのか挑戦してみたい、という想いが芽生えたと語る。

小谷早弥花はオーディションに受かって上京し、演技やダンスを学ぶ機会に恵まれる一方、自分がとても甘えた世界に生きていたことに気づかされ、悩み、落ち込んだことも数知らずで、辞める覚悟で臨んだ舞台をきっかけに、女優への道が拓けたという。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 常翔学園高校(旧私立大阪工業大学高校)
大学 摂南大学法学部法律学科

周囲からの評判

小谷早弥花の弟は俳優の小谷昌太郎である。
2017年9月、オリックスバファローズと西武ライオンズの始球式にて、「とても白熱した素敵な試合を生で見せていただき、『プロとは』『勝負とは』『エンターテイメントとは』を肌で感じ、とても興奮いたしました」と語った。

始球式の方も、なんとか球が違った方向へ飛んで行かず、運良くノーバンを達成し、思わず飛び跳ねて喜んだという。肩が弱かったのですが成長とともに強くなったというか手前味噌ですが本番に強いタイプだという。

整形

ない

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る