パク・ウジン

Wanna One K-POP・韓国のアイドル

パク・ウジンについて

韓国の11人組男性アイドルグループWanna Oneのメンバー。グループではメインダンサーとメインラッパーを担当している。釜山広域市出身。

自称「Wanna Oneの可愛さ・VJリポーター担当」。ニックネームは「スズメ」「セクレオレ(Sexy Lady Oh My Lady)」「ナノウジン」「舞台の達人」「自営業者」「名誉成人」など。

座右の銘は「楽しもう!」。本人の考える自身のチャームポイントは八重歯とギャップ。「プロデュース101」シーズン2での最終順位は6位。

基本プロフィール

芸名 パク・ウジン (Woo Jin)
本名 パク・ウジン (Park Woo Jin)
国籍 韓国
性別 男性
身長 176cm
体重 61kg
血液型 A型
誕生日 1999年11月02日 (20歳)
干支
星座 さそり座

所属

参加グループ

Wanna One

事務所 BRAND NEW MUSIC

好きなタイプ

不明(言及なし)

性格

口数が少なく人見知りの激しい性格で、表情も乏しい。そのため目立つことが少なく、「プロデュース101」シーズン2での尺も言うまでもなく短い。

MXM所属の参加者イム・ヨンミンとは小学生の頃にダンススクールに通っていた頃からの仲で、イム・ヨンミンが高校卒業後にソウルへ上京してから連絡が途絶えていたが、のちにBRAND NEW MUSICで運命的な再会を果たした。

また、Yue Huaエンターテインメント所属のアン・ヒョンソプとは相性バッチリで、二人の肌の色から「ファン(黄)グ・ベッ(白)ク」と呼ばれている。かなりの努力家で、「プロデュース101」シーズン2のコンセプト評価の際、帯状疱疹にかかっていたが、左目に眼帯をつけた状態でステージに立ち完璧にパフォーマンスをこなした。

八重歯をしょっちゅう確認する癖と、緊張すると指を太ももの上に立てて鶏の足のようにしてしまう癖がある。また、慶尚道の訛りが強かったが、Wanna Oneでのデビューが確定してからは標準語に近いアクセントになってきている。

趣味

趣味はサッカー、バスケットボール、バレーボールなどの球技とグルメ番組を観ることで、好きなことは食べること、運動、音楽を聴くこと、ステージに立つこと。嫌いなことは痛い(辛い)こと、幸せな瞬間が過ぎ去ること。

特技

特技はメインダンサーらしくB-Boying(ブレイクダンス)、クランプダンス、ポッピング、ハウスダンス、ロッキング(ストリートダンス)、アーバンダンス、ガールズヒップホップなどのダンス。ダンスは小学生の頃からダンススクールに通って実力を磨いてきた。

デビュー前の経歴

小学生の頃から釜山・西面の近くにあるS.D.Kダンススクールに通い歌手を夢見ていた。その後、高校2年生のときに韓国芸術高校へ転向しソウルへ上京した。

2009年、Mnetのオーディション番組「スーパースターK」に出演してBIGBANGのT.O.Pのラップパートを披露し、T.O.Pにそっくりだと話題になった。現事務所であるBRAND NEW MUSICにキム・ドンヒョン、イ・デフィとともに移籍する前には、2015年にJYPエンターテインメントの公開オーディションを受けて練習生生活を送っていた。

過去にカン・ダニエル、防弾少年団のジミンとともにダンスバトルに参加したことがあり、SMルーキーズのハンソルと一緒のステージに立ったこともある。

過去写真が大量に発掘されており、「プロデュース101」で国民プロデューサー代表であるBoAの「Only One」を熱唱する動画も見つかっている。

同じ事務所に所属するMCグリの「布団の外は危険」のミュージックビデオにイ・デフィ、キム・ドンヒョンとともに出演したり、BRAND NEW MUSICのコンサートなどでダンサーとして活動していたりした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 韓国芸術高等学校(在学)
大学 N/A

周囲からの評判

Mnet「プロデュース101」シーズン2の第3回でのセンター争奪戦の際、そのあまりの影の薄さから練習生たちはパク・ウジンが誰なのかわからなかった。

「練習生たちが選ぶ固定PICK」では、ステージを圧倒するカリスマとおふざけものな姿で6位に選ばれている。オン・ソンウ、パク・ジフンと並んで「プロデュース101」三大クール男に選ばれている。

整形

なし

Wanna OneのYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

Wanna Oneのメンバー

関連するアーティストを見る