オン・ソンウ

Wanna One K-POP・韓国のアイドル

オン・ソンウについて

韓国の11人組男性アイドルグループWanna Oneのメンバー。グループではリードダンサーとリードヴォーカル、ムードメーカーを担当している。

自称、Wanna Oneの活力素。ニックネームは名前をもじったオン、オンチョンイ、アルバイト王、万能オンなど。座右の銘は魅力的に生きよう!!!である。本人の考える自身のチャームポイントはギャップ(間抜け、可愛さ、かっこよさ、セクシーさ)。クリスチャンである。『プロデュース101』シーズン2での最終順位は5位。

基本プロフィール

芸名 オン・ソンウ (Seong Wu)
本名 オン・ソンウ (Ong Seong Wu)
国籍 韓国
性別 男性
身長 179cm
体重 63kg
血液型 A型
誕生日 1995年08月25日 (25歳)
干支
星座 おとめ座

所属

参加グループ

Wanna One

事務所 ファンタジオ
デビュー年 2017

好きなタイプ

不明(言及なし)

性格

オン・ソンウはグループの活力素、ムードメーカーである。『プロデュース101』シーズン2でデビュー決定の際に、グループではどのようなポジションを担当したいかと尋ねられると、「グループに最大限に明るく愉快で楽しい雰囲気をもたらしたい」と話していた。ある番組スタッフに、今日は面白くなかったねと言われると残念がっていたという。

ファンタジオのある関係者は、明るく自信あふれる性格なのでオーディションプログラムに出演しても必ずうまくいくと話す。ある問題を解決しなくてはいけない状況下では進んで良いアイディアを出すことが多いため、オンブレインというニックネームが付けられた。番組内でグループミッションを行う際はグループをリードする姿を見ることができる。

また、繊細で優しく(スイート)、思いやりのある一面もある。物腰の柔らかく落ち着いた口調で周りの人を世話する姿からスイートオンというニックネームまでついている。番組で成績の悪かったパク・ウジンに優しく声をかけたり、グループの振り付けが進まない状況下でギャグを言ったりして、雰囲気を明るくするように努めていた。

趣味

オン・ソンウの趣味は、音楽をかけて思うままに踊ることと、ドライブで綺麗なカフェを探すこと。KBS2の『スーパーマンが帰ってきた』によると、普段は母親の車でドライブしており、大型車を運転することもできる。

感受性が豊かで、好きな映画のジャンルはロマンス。ストレスを発散するために雨の中を濡れながら歩くことが好きだという。

好きなことは映画を観ること、音楽を聴くこと、ダンス。嫌いなものは蚊、温かい飲み物、暑さ、ギャグが滑ること、つまらないという言葉。

特技

オン・ソンウの特技はダンスやドラム、耳を折ること。ドラムでは中学1年生のときにバンド大会で優勝して芸能事務所にスカウトされている。

また、ダンスはWinners Dance Schoolや20th Century B-Boysなどのダンスチームで活動し、ダンスコンテストで優勝、準優勝するほどの実力がある。ポッピング、ロッキング(ストリートダンス)、B-Boying(ブレイクダンス)などを踊る過去の映像がある。短編映画『ソンウは平気』のエンディングでは路上でフリースタイルダンスを踊るカットがある。

デビュー前の経歴

オン・ソンウは、中学1年生の頃にドラマーとしてバンド大会に出演して優勝し、歌手ユンナやファヨビ、女優キム・ジウォンの所属する芸能事務所にスカウトされた。しかしその後、ユンナとファヨビが事務所を相手取り訴訟を起こし、オン・ソンウは契約期間に縛られていたため事務所を辞めることもできず、結果デビューできずに終わる。

高校1年生の頃はVICTONのホチャン、3年生の頃はBTOBのソンジェと同じクラスだった。ホチャンとはMnet『M Countdown』のアンコールステージで仲が良さそうな姿が見られている。演技芸術科に通っていた大学時代は演劇、ミュージカル、映画などに出演し演技活動に勤しんだ。2年生の頃は学科代表を務めていたほど大学生活を頑張っていた。

ショッピングモールのモデル、ヘアモデル、めがねのモデル、中国のCMに出演するなどさまざまなアルバイトを経験しているため、ファンからはアルバイト王というニックネームを付けられた。デビュー後にKBS2の『Happy Together 3』に出演した際、それらの写真を全て削除しようと検索まで行い、その時はすべてなくなったと安心したが現在は数十枚見つかると話している。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 ハンリム芸能芸術高等学校 実用舞踊科
大学 東ソウル大学校 演技芸術科

周囲からの評判

オン・ソンウは、『プロデュース101』シーズン2では、練習生たちが選ぶヴィジュアルセンター10位に選ばれた。オン・ソンウに投票した理由として、ユ・ジンウォンは「目鼻立ちがはっきりしている」、パク・ソンウは「容姿、プロポーション、実力の三拍子に名前まで完璧」、ファン・ミニョンは「豊かな表情がイケメンさをより見せている」と述べた。

また、ファン・ミニョンはオン・ソンウについて、「イケメン。見ているだけで笑顔になる」と話している。キム・ジェファン、キム・サムエル、キム・ヨングクによって僕の心の中の固定PICKに選ばれており、キム・ジェファンは容姿とは違って行動や表情が愉快で面白いと話した。

イ・デフィによって危険な兄さんたちにカン・ダニエルとともに選ばれた。

また、オン・ソンウをセンターに選んだ練習生たちは、「ステージでセンターの雰囲気があって画面映りがいいヴィジュアル」(パク・ジフン)、「目つきとジェスチャーが曲とよく合うと思って」(ぺ・ジニョン)、「イケメンで、映るたびにびっくりする」(ユン・ジソン)と話した。

整形

なし

公式サイト・SNS

Wanna OneのYouTube Channel

Wanna Oneのメンバー

関連するアーティストを見る