小柳ゆき

小柳ゆきについて

小柳ゆきはバーニングプロダクションに所属し、ユニバーサルミュージック・Prime Musicを所属レコード会社とするアーティストである。

1999年にシングル「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」でCDデビューを果たした。デビューシングルから大ヒットしを記録し45週連続チャートイン。日本有線大賞を受賞しNHK紅白歌合戦にも出場したため小柳ゆきは一躍有名アーティストの仲間入りとなった。

その後2005年に4ヵ月渡英したこともあったがコンスタントに新曲を発表。エイミー・ワインハウスとビヨンセの日本語カバー曲「Rehab - 女神たちの休息 -/Listen」や稲垣潤一&小柳ゆきとして杏里の「悲しみがとまらない」をデュエットカバーし、「Here For You」でピーボ・ブライソンとコラボレーションするなど様々な音楽活動もしていた。2015年に発売した「LOVE DRIVE ~恋はサーキットのように~」以降は新曲の発表はない。

基本プロフィール

芸名 小柳ゆき (Yuki Koyanagi)
本名 小柳由紀 (Yuki Koyanagi)
国籍 日本
性別 女性
身長 154cm
体重 40kg
血液型 B型
誕生日 1982年01月26日 (38歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 バーニングプロダクション

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

小柳ゆきとダンサーが一時期噂があったが、公式の情報は上がっていない。

好きなタイプ

小柳ゆきの好みのタイプは鼻筋の通った男性とのこと。

性格

小柳ゆきの性格は、若い頃にデビューし一気に歌姫へと駆け上がった事もあり、当時はかなり自分勝手な行動が目立っていた。その後暫く活動を目にすることがなくなったのも、当時の周囲への態度が営業してだと言われている。しかし現在はそんな過去を反省し、謙虚で人に好かれる性格に変わったとのことだ。

趣味

小柳ゆきの趣味はテレビゲーム、読書、ダンスである。

特技

小柳ゆきの特技は剣道である。

デビュー前の経歴

小柳ゆきの姉はミュージシャンの小柳裕美(美裕リュウ)で、幼い頃から音楽が好きだった姉の影響で歌うことに興味を持ったという。またカセットテープに録音し練習することを知り、姉が持っていたCDを聞き込んでCDと同じように歌えるまで練習していた。10歳の頃には永井真理子などを真似ていたそう。

歌謡曲から次第にホイットニー・ヒューストンやマライヤ・キャリーなどの洋楽に興味を持ち始め、毎日2時間は歌の練習を続けて腕前を上げていった。

12歳の頃に「コロムビア歌謡曲新人歌手オーディション」に出場し、大黒摩季の「永遠の夢に向かって」を歌い決勝へ進出した。その実績を買われ音楽事務所からデビューのオファーがあったが、当時打ち込んでいた剣道に注力すべくオファーを断っている。

後に、本人が打ち込んできた剣道こそ自身の発声の基礎だと言っており、当時の決断があったからこそ小柳ゆきの歌唱力は磨きがかかったと言える。

その後、15歳の頃に改めて同じ事務所からデビューのオファーをもらい受諾した。高校に通いつつボイストレーニングに磨きをかけてデモテープを作り続けた結果、オーディションで合格。高校3年生になった1999年に「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」でCDデビューを果たした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 埼玉県立上尾高等学校

周囲からの評判

小柳ゆきの歌唱力は圧巻で、歌姫と称されていた。2014年にはアメリカのグラミー賞受賞アーティストのピーボ・ブライソンとデュエットシングル「Here For You」を発売した。その際にピーボ・ブライソンから「過去に共演したシンガーをもしのぐ歌声」と賛辞が送られ、「いつでもライブに招待するから一緒に歌ってほしい」とラブコールを受けるほど絶賛されている。

整形

小柳ゆきの整形の噂としては、鼻を整形したという噂がある。

小柳ゆきのアルバム

すべてのアルバムを見る

小柳ゆきの楽曲

すべての楽曲を見る

小柳ゆきが作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

小柳ゆきが作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る