本瀬まゆ

本瀬まゆについて

本瀬まゆは、スターダストプロモーションの制作3部に所属している女優である。2013年に、映画『救済』に出演し、デビューを果たした。

スターダスト芸能3部に所属する、高校生以下の女性タレントによるユニット、3B juniorに所属していたが、高校卒業と共に3B juniorを卒業した。在籍中には、3B juniorの写真集にも参加していた。

初めて受かったドラマのオーディションが、2014年に放送されたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で、生徒役でドラマ初出演を果たす。その他、同年にドラマ『ほっとけない魔女たち』にも出演している。女優業に加え、モデルの仕事にも興味があるという本瀬の今後の活躍に期待される。

基本プロフィール

芸名 本瀬まゆ (Mayu Motose)
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 A型
誕生日 1997年10月04日 (22歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 スターダストプロモーション

性格

本瀬まゆは、「小学生の頃のはめがねをかけていて、ぱっとしない子だった」と語っている。しかし、その頃から既にモデルになりたいという夢を持ち、何度もオーディションを受けるなど、行動力を持っていた。

スターダストプロダクションに所属してからも、「女優をしながらモデルの仕事もしたい、韓国でも通用するような女優になりたい」と目標を口にしており、芯の強さが窺える。

趣味

本瀬まゆの趣味は、音楽を聴くこと、寝ること、友達と語ることである。

好きなアーティストにも、EXOや少女時代をあげているが、韓国語の勉強も積極的にしているようだ。また、「カラオケに行くのも好きだ」とブログに記載されている。

特技

本瀬まゆの特技は、どこでも寝られることである。

デビュー前の経歴

本瀬まゆは、中学2年生の6月に、渋谷でスカウトされた。本瀬の祖母が、「これはチャンスだ!」と後押しし、本瀬は芸能界入りを決意した。実は小学校4年生の時から、モデルという仕事に興味があり、こっそり憧れていた夢であった。

5年生の時に、雑誌のオーディションを受けるも、書類選考で不合格となった。その後も、モデルの夢は捨てきれず、大女優になりたいと思う一方、現在も絶対にモデルになりたいと思っている。

事務所に入ってからも、スターダストプロモーションに、2回もスカウトされた経験があり、一際輝く存在だったのが窺える。

整形

本瀬まゆに、整形の疑いはない。

関連するアーティストを見る