西沢仁太

日本の俳優

西沢仁太について

西沢仁太は、舞台や映画を中心に、数多くの作品に出演している俳優である。主な出演作品は、舞台では『飛龍伝』『長崎ぶらぶら節』『魔女の宅急便』、映画は『それでも僕はやってない』『南の島に雪が降る』と、他にも数多くある。

北野武監督の作品である『HANA-BI』や『アウトレイジ ビヨンド』などにも出演している。また、2008年3月から始動したというエイターテイメント集団「東京深夜舞台」のメンバーとしても、活動している。

基本プロフィール

芸名 西沢仁太 (Jinta Nishizawa)
本名 西沢仁 (Hitoshi Nishizawa)
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
体重 66kg
血液型 A型
誕生日 1959年05月23日 (61歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 ケイダッシュ
デビュー年 1981

趣味

西沢仁太の趣味は、F1観戦のようで、自身のオフィシャルブログ「ジンタ、仁太、JINTA!」では、F1観戦について綴られており、カナダ、モナコ、スペイン、アゼルバイジャンなど、世界各国を訪れているようだ。

また、各地の坂や、マンホールの蓋などを観光で訪れた際に撮っているようで、写真をブログに掲載したり、眼鏡やお猪口のコレクションもしている。その他にも、色んなお店を訪れるのが好きなようで、気になったお店を訪れては、ブログに掲載して紹介している。

特技

西沢仁太の特技は、ダンスである。1984年に、新宿コマ劇場で行われた『八代亜紀特別公演』に出演したのをきっかけに、特技とするダンスに出会ったようだ。

その後、バレエの要素を取り入れたジャズダンス、体全体の動きが重視され、曲に合わせて踊るタップダンスのダンススクールに通い、各スクールで行われる公演にも参加しているという。

出身・家族・学歴

高校 長野県上田高等学校
大学 宇都宮大学農学部

周囲からの評判

西沢仁太は、演劇ユニット「東京深夜舞台」には、2008年に結成された時から参加しているようだ。2013年に公開された映画では、『TAP 完全なる飼育』で初主演を果たした。

俳優業をこなす一方で、レストランに勤務しているようで、店で知り合った映画会社社長に、自主製作の映像を見せたことをきっかけに、本作の企画・主演を任せられ、「過去最大のチャンス。今まで応援してくれた人達に恩返しがしたい」と語ったという。

西沢は、個性的なルックスと愛嬌を持ち、安定感ある芝居で、欠かせない存在となっているようだ。

整形

西沢仁太に、整形の疑いはない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る