赤井沙希

赤井沙希について

赤井沙希は元ボクサーの赤井英和の娘で俳優でもあり、プロレスラーでありながらタレントやモデル、女優にグラビアアイドルと、多岐に渡って活躍している。東京スポーツ新聞社制定『2014年度プロレス大賞』の新人賞に輝いた。

2006年には旭化成せんいキャンペーンモデルに選出された。 2008年に映画『インモラル~凍える死体~』で映画初出演を果たす。クイズ番組『クイズヘキサゴンⅡ』でmisonoと最下位争いをしたり、『踊る!さんま御殿』に出演したりするなど長く二世タレントとして活動していた。

土曜ワイド劇場『狩矢父娘シリーズ(9)京料理殺人事件』でドラマ初出演を果たした。 2013年8月DDT両国国技館大会『両国ピーターパン2013~プロレスの傾向と対策~』にて正式にプロレスデビューした。 名字にちなんで赤色の衣装がトレードマークである。

基本プロフィール

芸名 赤井沙希 (Akai Saki)
本名 赤井沙希 (Akai Saki)
国籍 日本
性別 女性
身長 174cm
体重 53kg
血液型 A型
誕生日 1987年01月24日 (33歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 オスカープロモーション

好きなタイプ

赤井沙希の好みのタイプは古風な感じの人らしい。またワイルドな人も好みらしい。ただし「自分より体重が下の人は恋愛対象には入らない」と語っていた。

性格

赤井沙希の性格は小さい頃から苦労していて我慢強い。モデル、女優、タレント、グラビアアイドル、プロレスラーと多彩にこなす器用さを持っている。

趣味

赤井沙希の趣味は映画鑑賞、ネイルアート、料理、散歩が趣味である。また芸能人との妄想デートも一つの趣味だと言う。最近では自分が妄想した有名人とのデートをノートなどに書き留めており、そのノート数はかなりの数があるのだとか。

特技

赤井沙希の特技はバレーボールである。

デビュー前の経歴

赤井沙希が京都に住んでいたころ、四条大宮を歩いているところをスカウトされたのをきっかけに芸能界デビューした。その後京都を中心にモデル活動をしていたが、後に上京した。

そして2009年にはK-1のイメージガールに選ばれた。これが彼女のボクシングをするきっかけになったという。

2011年には女子プロレス団体『アイスリボン』というところから、『ビックデビル』という名前でプロレスデビューした。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 中高一貫(非公開)

周囲からの評判

事務所から毎日「痩せなさい」と言われるほど太りやすい体質だったため、K-1イメージガール時代の石井和義の勧めから、2009年の夏ごろからボクシングを開始して真剣に精神及び肉体を鍛錬している。 「デビューしないか」と誘われたこともあったが、「絶対父親と比べられる」と断った。

整形

あり

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る