生田智子

日本の俳優 声優 日本のモデル

生田智子について

生田智子は、子役としていくつかの作品に出演し、その後1983年の映画『ウィーン物語 ジェミニ・YとS』で正式にデビューした。

高校、短大を卒業後、1996年にプロサッカー選手の中山雅史との遠距離恋愛を実らせ結婚に至った。当時、中山雅史からの希望で芸能活動からは一切身を引くつもりだったが、結婚後に最後と覚悟して出演した舞台で、生田智子のあまりにも楽しそうな姿にほだされた中山雅史は「主婦業の妨げにならなければ」という条件で芸能活動を続行することができたという。

基本プロフィール

芸名 生田智子 (Tomoko Ikuta)
本名 中山智子 (Tomoko Nakayama)
国籍 日本
性別 女性
身長 165cm
血液型 A型
誕生日 1967年02月13日 (53歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 東宝芸能
デビュー年 1983

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

生田智子と中山雅史の出会いは、中山雅史の親友でカズこと三浦知良が開いた食事会である。

ダジャレや場を盛り上げるムードメーカー的な存在だった中山雅史は2次会で生田智子の席の隣に座り、当時はまだ珍しかった携帯電話を見せて「俺の番号を教えてやる」といったのがきっかけ。

その後生田智子は自身の舞台に中山を招待したが、ファッションセンスのなさに引いてしまいしばらく連絡を取らなかった。しかしW杯出場を逃してしまった「ドーハの悲劇」の後に、元気づけようと再び生田の方から食事に誘いそこから遠距離恋愛に発展し結婚に至った。

趣味

生田智子の趣味はダンス、フラメンコ、カメラがある。

2013年頃フラメンコを始め、ママ友とフラメンコに通っている。発表会も行っているようで、自身のブログで練習の様子などを綴っていることもある。

ブログではママ友とのランチの写真や、自身が作ったお弁当や夕飯の写真なども挙げているなど
とても充実した私生活を送っている。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
高校 山崎学園富士見高等学校
大学 日本女子体育短期大学

周囲からの評判

生田智子の評判としては、女優として活躍している長澤まさみが、デビュー当時に生田智子にとてもやさしくしてもらい、その恩返しをしたいということを伝えたところ「自分はいいから若い子を可愛がってあげて」と言われ、その教えを守って長澤まさみも事務所の後輩の世話を積極的にしているという話がある。

とても穏やかで明るい性格の生田智子は、周りからの評判もとても良かった。生田智子は、後輩に厳しくするのではなく、優しく指導するという姿勢があり、それがそのまま現在も事務所で受け継がれているほどだという。

整形

鼻を整形しているかもしれないという噂がある。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る