白石糸

白石糸について

白石糸は、2014年10月に公開のドラマ『ごめんね青春!』で芸能界デビューを果たし、積水ハウスのCMにも出演し注目を集めている。

2015年10月にはTBSの金曜ドラマ『コウノドリ』に平井沙織役で出演、2016年には映画『日本で一番悪い奴ら』に出演して主演の綾野剛の彼女・沙織役を演じた。

2017年にはNHKのドラマ『スリル!赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿』に出演し、ネクストブレイク女優として注目を集めている。2017年TBSの金曜ドラマ『コウノドリ』の第2シリーズにも出演した。

基本プロフィール

芸名 白石糸 (Ito Shiraishi)
本名 不明
ニックネーム
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
体重 0kg
血液型
誕生日 1992年12月31日 (26歳)
干支
星座 やぎ座

所属

レコード会社
事務所 トライストーン・エンターテイメント
事務所入所年
デビュー年

好きなタイプ

不明

性格

白石糸は、かつて深夜バスで養成所のレッスンに通い続けていた時期があり、そのことから、自分が決めたことを最後まで成し遂げるという意思の強さを持ち合わせていることが窺える。また自分が興味を感じたことに何でも挑戦して、突き詰めてみたいという意欲が旺盛である。

周りからは何事にもポジティブで明るい性格であると言われている。またかなりの「頑張り屋さん」と言われている。これからも伸びしろが大きい女優だと映画監督から言われている。

趣味

白石糸の趣味は、映画鑑賞、絵画である。

映画鑑賞については、小学生時代に観た『マトリックス』で映画に興味を感じ、さらに中学時代に『プラダを着た悪魔』を観て俳優業の道に進もうと決心したという。趣味の映画鑑賞が白石糸に与えた影響は大きい。

絵画については『プレバト』で紹介されたが、水彩画、パステル画、ボールペン画と、どれをとっても素人の作品とは思えないほどの才能を発揮している。作品は本人のインスタグラムで公開中である。

特技

白石糸の特技はテニス、バレーボール、バトミントンである。

テニスは、中学時代の部活動の軟式テニスに夢中になり、県大会2位という結果を出している。

デビュー前の経歴

白石糸が演技に興味を持ったきっかけは、小学生の時に父親と見た映画『マトリックス』だったという。そして中学生の時に運命を変える一本に出会う。それはデヴィッド・フランケル監督の2006年公開映画『プラダを着た悪魔』だった。白石はこの作品が大好きで、特にアンドレア・サックス役を演じたアン・ハサウェイのファンになった。可愛く綺麗な顔でものすごい表現力で本当に画面に引き込まれるようなハサウェイの演技に、白石糸もこういった表現ができる女優になりたいと夢を持つようになった。

しかし中学生の間は、まずは学業に集中するため、一時期は女優を諦めて軟式テニスに没頭し、県大会で2位の成績をおさめた。そして高校に上がってやはり女優になる夢を捨てきれず両親には内緒で各事務所に応募するようになった。

高校2年生の時に芸能事務所トライストーン・エンターテインメントで二次審査に合格し、演技養成所「トライストーン・アクティングラボ(TSAL)」に来ないかという手紙を受け取り、そこで両親を説得することになった。そして両親が出した条件「上京せず地元から通うこと」を守りながら、地元の長野から深夜バスに乗っていつも通っていた。

出身・家族・学歴

兄弟 不明
出生国 長野県
出生地域
高校 不明
大学 進学してない

解散・引退について

周囲からの評判

前原滉は白石糸について、「自分の空気感や個性を作り出さなくても元々持っていると思います」と話す。

2018年1月18日に放送された『プレバト!!才能ランキング』で白石糸は「若洲海浜公園」の水彩画を描いた。「水彩画の魔術師」と呼ばれる野村重存先生は「出た。説明が付かないものが多い」と頭を悩ませつつ、「才能あります。岩の描写は圧倒的。ほかの部分も同じように描けていたら、いきなり特待生もありえた」と感心した。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram https://www.instagram.com/ito_0123/
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正

出演映画・ドラマ