菅野莉央

菅野莉央について

菅野莉央は2歳の頃、セントラルグループ・セントラル子供タレントに所属した。1997年に放送された、TBSのドラマ『校長が変われば学校も変わる』でデビュー後、2002年の映画『灰暗い水の底から』で、主演の黒木瞳の娘役で初出演した。

2007年に、アミューズに移籍したようだ。2016年3月に 埼玉県にある法政大学人間環境学部人間環境学科を卒業した。同事務所に所属している、俳優の神木隆之介と同い年で、セントラルグループへの所属も同期だったようだ。

基本プロフィール

芸名 菅野莉央 (Rio Kanno)
本名 菅野 莉央 (Rio Kanno)
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 O型
誕生日 1993年09月25日 (27歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 アミューズ
デビュー年 1995

好きなタイプ

菅野莉央は、2007年に公開された映画『星降る夜のペット』で、栗山杏子を演じた。新山俊演じる染谷俊之とレンタル彼氏として、契約を結ぶというストーリーである。この映画についてのインタビューでは、「もし、実際に自身がレンタル彼氏を雇うなら?」という質問に対し、「すごくマイペースな人と同居のようなスタイルがいい」と答えたようだ。

また、「何か熱中するものや、趣味がある人だったら、気が向いた時でいいので、それを自分にもおすそ分けしてほしい」と語っている。

性格

菅野莉央が大学で所属したという、ゼミの長谷川直哉教授が、法政大学の卒業生インタビューで、菅野の人柄について次のように語っている。「自分が学びたいことを教えてくれる人を見つけ出して、積極的にアプローチし、それをきちんと吸収できる。そのようなアクティビティが、とても優れている」という。

好奇心が旺盛で、人や友人との出会いを通して、様々な知識を身につけ、成長することを自然とできるという。ゼミの中でも、時間をうまく使い、仕事と勉強を両立していた。タイトなスケジュールの中でもきちんと活動し、とても頑張っていたようだ。

また教授は菅野に対し、印象に残っているのは目力だという。「自分が納得できるまで、話を聞きたいという目力が、こちらもきちんと対応しないと、という気持ちにさせられる。人ときちんと向かい合う人」と語っている。

趣味

菅野莉央の趣味は、水泳と読書である。

特技

菅野莉央の特技は、水泳だという。公益財団法人日本水泳連盟2015年(年号27年) 2月、1級合格者に名前が掲載されている。

デビュー前の経歴

菅野莉央は、2歳の頃にタレント事務所に所属した。

出身・家族・学歴

兄弟 一人っ子
大学 法政大学人間環境学部

周囲からの評判

菅野莉央は、2017年に公開された映画『星降る夜のペット』では、とんでもないドSの役を演じたようだ。この映画で一番オススメのドSシーンが、主演である染谷俊之演じる新山瞬の頭に、リンゴを乗せてダーツをするシーンだという。

「今まで演じたことのない役で、難しかった」と語っているが、染谷の表情やリアクションを本気で楽しんでおり、笑い転げていたようだ。そのシーンはアドリブだったようで、本編にそのまま使われたというエピソードがある。

整形

菅野莉央に、整形の疑いはない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る