神崎れな

神崎れなについて

神崎れなは、日本テレビ系『女王の教室』や、NHK『土曜ドラマ』、TBS系『ぴんとこな』、映画『悪の教典』の他にも、ミュージックビデオや、CMなど数多く出演している。舞台では、2010年の『りんご~木村秋則物語』に初出演した。

神崎は、当時現役の高校生だったが、10歳の役を演じ、高評価を得ている。東京セレソンDXの舞台を見て感銘を受け、いつか自分も出てみたいと思っていたようだ。その後、タクフェスオーディションでも役を獲得した。

基本プロフィール

芸名 神崎れな (Rena Kanzaki)
本名 神崎 れな (Rena Kanzaki)
国籍 日本
性別 女性
身長 151cm
誕生日 1994年11月20日 (25歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 アミューズ

性格

神崎れなは、怖がりで忘れっぽく、マイペースな性格である。サランラップを切ることが苦手で、ドッキリを仕掛けるはずが、自分が引っかかるタイプである。

「ちょっと」が口癖だと、SNSで自身の性格について、紹介している。

趣味

神崎れなの趣味は、アイロンがけ、数独、毛玉取り、薬局巡り、塗り絵などである。1人で遊ぶ趣味が多いという。

「趣味に集中している時は、余計な事を考えずにリラックスでき、心がすっきりするので、そういう時間を大切にしたい」と自身のSNSで語っている。

特技

神崎れなの特技は、ドラム、ダンス、バトミントンである。神崎の父は、「奥田やすひろ」という名前で、ドラマーをしているようだ。

父のライブに顔を出した際には、知り合いのバンドの方に「誰にも真似できない感性がある」「本当にすごい人だよ」などと言ってもらえ、「周囲の人に、そのように想われている父を尊敬する」と綴っている。

その影響からか、自身を表現する仕事をしていることについて、「父の血が流れているんだろうな」と思うことが、多々あるようだ。

デビュー前の経歴

神崎れなは、1994年神奈川県に生まれ、2006年に『女王の教室SP』で、子役デビューを果たした。現在23歳にして、女優歴10年以上のキャリアを持つ。

出身・家族・学歴

兄弟

周囲からの評判

神崎れなは怖がりで、病院に行った際、名前を呼ばれた時と看護婦さんのドアを開ける勢いに、毎回ビックリするという。また、幼少期にサボテンの棘は触ると痛いのか気になり、触りすぎて針が刺さった事があるようだ。

もう触らないと思っても、サボテンを目にする度触っていたようで、好奇心旺盛な一面もあったようだ。学生時代では、着替えやトイレ、お風呂、計算、水泳、食事が周囲より遅く、最後まで残っていて、マイペースだったという。

また、2018年3月31日をもって、アミューズとの契約を終了したことを明かした。

整形

神崎れなに、整形の疑いはない。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る