武田真治

日本の俳優 日本の歌手 日本のタレント

武田真治について

武田真治は、1989年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得して、芸能界入りした。

1990年のドラマ『なかよし』で、俳優デビューをした。1991年の『僕の歌は君の歌』で、ドラマ初主演を果たす。1992年の『七人のおたく』で、映画初出演をする。サックス奏者としても活動する傍ら、『めちゃイケ』などのバラエティー番組にも出演している、マルチタレントである。

基本プロフィール

芸名 武田真治 (Takeda Shinzi)
本名 武田真治 (Takeda Shinzi)
国籍 日本
性別 男性
身長 165cm
血液型 AB型
誕生日 1972年12月18日 (49歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ
事務所 ホリプロ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

武田真治と江角マキコは、江角が1回目に結婚した桐島ローランドと離婚してすぐに、熱愛が発覚した。江角は身長170cmで、武田は165cmと、江角の方が高かったこと、さらに江角が年上だったことで、とても話題となった。

しかし結局破局し、江角は現在の夫と結婚している。

武田真治は2007年に、国仲涼子との遊園地デートをスクープされている。

一般人・不明・該当なし

2020年1月1日の『デイリースポーツ』が報じたことにより武田真治と静まなみの交際が発覚した。静まなみはモデル業と歯科衛生士の二刀流次美女と言われており、交際期間は3年とのことだ。

また、2020年1月28日号 『女性自身』では、武田と静は結婚を前提に交際をしており、同棲もしていると報じられている。双方の所属事務所は、報道を受け、「改めて時期が来たらご報告申し上げます」とコメントしている。

好きなタイプ

武田真治は、しっかりしている人がタイプである。クリスマスに、彼女へのサプライズで、ヘリコプターをチャーターした事があるそうで、ロマンチストな一面を持つ。

性格

武田真治は、外では絶対にお酒を飲まない、筋トレを欠かさないなど、ストイックな性格をしている。筋トレは、自宅にベンチプレスがあり、ベンチプレスで90㎏を上げることができる。

25歳の頃に、顎関節症を患い、その際に医師から身体全体の筋肉をつけるように勧められ、トレーニングを始めた。週に2回、15km75分を目標にジョギングし、ベンチプレスも週に3日は行うそうだ。

趣味

武田真治は、収集が趣味であり、帽子・サングラス・ハリウッド俳優のフィギュアを集めている。

特技

武田真治は、家事全般が得意である。

デビュー前の経歴

武田真治は、1989年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、グランプリを獲得して芸能界入りをした。サックスを始めたきっかけは、姉がチェッカーズのファンで、一緒に音楽番組を見ていた時に、サックスを吹く藤井尚之の姿に、強く憧れを抱いたからであるという。

中学時代から熱心に練習を重ね、将来はサックスプレイヤーになることを夢見ていた。「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募した動機も、「俳優やタレントを目指してのことではなく、サックス奏者としてデビューの足掛かりになりやすいと思ったため」と明らかにしている。

出身・家族・学歴

兄弟 姉 妹
高校 北海道札幌北陵高等学校
大学 進学していない

周囲からの評判

武田真治について、矢部浩之が「めちゃイケ女子からは『武田くんは気持ち悪い』と嫌われている」と証言すると、光浦靖子は「距離が近過ぎる」と明かした。

外国人のようなスタンスで、接してくるそうだ。加藤浩次が武田について、「外見はカッコいいが、根っこはどす黒い、どろどろのエロを抱えている」と話し、濱口優からは「(楽屋に置いてある)雑誌の袋とじを一番に開けるのは、武田くん」と明かされている。

整形

疑惑なし

公式サイト・SNS