髙橋ひかる

髙橋ひかるについて

髙橋ひかるは、『第14回全日本国民的美少女コンテスト』でグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした。

2015年に、『日本生活協同組合連合会』や『代々木ゼミナール』のCMが、相次いで放送開始となり、話題となる。

2016年公開の映画『人生の約束』で女優デビューを果たした。その翌年には、第96回全国高校サッカー選手権大会の第13代目応援マネージャーに起用された。

2018年のドラマ『パフェちっく!』でドラマ初主演を果たすなど、主に女優として活動している。

基本プロフィール

芸名 髙橋ひかる (Hikaru Takahashi)
本名 高橋ひかる (Hikaru Takahashi)
国籍 日本
性別 女性
身長 165cm
血液型 O型
誕生日 2001年09月22日 (19歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 オスカープロモーション

好きなタイプ

髙橋ひかるの好みのタイプは、爽やかで清潔で面白い人。

性格

髙橋ひかるの性格は、マイペースで、まったりとした性格で神経質。周りから早くしてと急かされても、自分が大丈夫だと思うとそのペースで動いてしまうそうだ。

しかし、ずっとマイペースなわけではなく、不安になるようなことがある、いきなりせっかちになるのだそう。普段、物事をズバッと言ってしまう性格だから、それとは逆のほんわかした人柄の役を演じてみたいと話していたことがある。

基本的に神経質だけれど、コンテストでグランプリを獲ってからいろいろな人と話す機会が増えて度胸がつき、緊張しすぎることが少なくなったそうだ。

映画『人生の約束』に出演した際の『OLICON NEWS』のインタビューで、「瞳は、言いたいことがあっても言えないというか、気持ちをうまく人に伝えられない子。そんなところは自分にすごく似ているなと思い、共感した。昭和のヒロイン像のような役だが、そこは普段の自分とは全然違った。私は明るくて、自分に自分でノリツッコミを入れるようなタイプだから。」と自分の性格をふまえて語っていた。

趣味

髙橋ひかるの趣味は、音楽鑑賞、ショッピング、運動をすること、バレーボール観戦、食べ歩き、料理、好きなアーティストの動画を観ること、メイク研究、美容関係の事全般、筋トレ、吉本新喜劇鑑賞、カメラ、ゲームをすることである。

乃木坂46の楽曲『ガールズルール』を聴いたことをきっかけに、メンバーの白石麻衣のファンになる。

K-POPを聴くようになってから韓国語を勉強するようになったそうだ。

バスケットボール部に所属していたことがある。好きな新喜劇俳優は、辻本茂雄だそうだ。

特技

髙橋ひかるの特技はダンス、CMのイントロクイズ。

小学5年生の時から地元のダンススクールに通っていたそうだ。『代々木ゼミナール』のCMでは、ダンスを披露していた。K-POPアイドルの曲のダンスを覚えて踊ることも好きなのだそうだ。

得意な科目は社会と美術で、小学生の時に図書館で戦国武将のビジュアルブックを読んで以来、歴史が好きなのだそうだ。好きな歴史上の人物は、織田信長と伊達政宗。

大河ドラマで、信長の正室である濃姫を演じることが夢なのだそう。

デビュー前の経歴

髙橋ひかるは、滋賀県大津市の出身で、大津市立日吉中学校を卒業した。

幼少期から芸能界に入りたいと思っており、アイドルやモデルに憧れていたそうだ。中学時代には、「生まれたての子鹿」のようなイメージだったということから「シカ」というあだ名を付けられていた。

芸能活動を始める前は、高校でサッカー部のマネージャーをすることが夢だったが、中学時代には既に芸能活動を始めていたため、叶わなかった。

しかし、2017年に全国高校サッカー選手権大会応援マネージャーに就任したため、形を変えてだったが念願が叶った。オーディションを受けた時は、写真を撮られるのが苦手だったため、絶対に落ちると思っていたそう。手紙で連絡をもらった時は感動して、今でも当時の資料や手紙などは大切に残しているそうだ。

もともと学校の学芸会などでも、主役とかをやるタイプではなく、自分から何かに立候補したこともなかったそうで、大きな舞台で何かをするという経験は美少女コンテストの時が初めてだったそうだ。

出身・家族・学歴

兄弟

周囲からの評判

お笑い芸人の乾き亭げそ太郎は、高橋が出演した映画『人生の約束』を鑑賞した際に更新したブログで、「話しとしてはゆっくりと展開していき、ベタなストーリーではあるけれど、1人の少女に惹きつけられて観入ってしまった。娘役をやっていた、高橋ひかるさんという女優だが、この人の顔の表情が何とも良かった。真っ直ぐさと哀しさを顔で表現していた。この役者さんは完全にノーマークだっただけに驚いた。これからも映像で観たい人。」と評価していた。

整形

なし

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る