清水由紀

清水由紀について

清水由紀は、2002年に「第8回全日本国民的美少女コンテスト」を受けたことで、芸能界入りをした。女性アイドルグループ「美少女クラブ31」のメンバーである。

ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の第9、第10シリーズでは、えなりかずき演じる小島眞の妻役を演じた。その他の出演歴は、ドラマ『アテンションプリーズスぺシャル』『オトコの子育て』『ハケンの品格』『水曜ミステリー』『同窓生~人は、三度、恋をする~』『警視庁・捜査一課長 season2』、映画『天使がくれたもの』などである。

基本プロフィール

芸名 清水由紀 (Yuki Shimizu)
本名 清水由紀 (Yuki Shimizu)
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
血液型 B型
誕生日 1986年09月04日 (34歳)
干支
星座 おとめ座

所属

事務所 オスカープロモーション

性格

清水由紀のブログでは、「掃除などを始めると止まらないタイプだ」と言っていた。

趣味

清水由紀の趣味は、映画鑑賞とショッピングである。

映画を見ることが好きで、自身がパーソナリティを務めるラジオで、毎回ゲストを迎えて、映画を紹介している。紹介する映画は、事前に全て観ているので、かなりの数の映画を観賞している。

特技

清水由紀は、スポーツが比較的得意な方だという。

デビュー前の経歴

清水由紀の両親は、理髪師である。

出身・家族・学歴

高校 愛知県立大府高等学校

周囲からの評判

清水由紀について、プライベートでも仲が良く、映画『女子高生は改造人間』で共演した女優の中村静香は、「女優としての由紀は、ものすごく観察力があって、ものすごく人のことを見ている。どんな役が来ても、こうしなくちゃという固定概念に囚われることなく、等身大でやる人。『女子高生は改造人間』も、仲のいい高校生の役だから、そのままの2人でやれて楽しかった」と語っていた。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る