瀧野由美子

STU48 AKB・坂道

瀧野由美子について

瀧野 由美子は、2016年10月10日にグループの発足を発表された、AKB48の姉妹グループ日本全国展開プロジェクト第5弾「STU48」の第1期生である。2017年3月19日、STU48第1期生オーディションの最終審査の仮合格者となり、3月31日、STU48の正式メンバーとして公表された。

2017年5月31日に発売されたAKB48の48枚目シングル「願いごとの持ち腐れ」の劇場版に収録されたSTU48初のオリジナル楽曲「瀬戸内の声」のセンターに抜擢された。また2018年1月31日に発売された、STU48の1stシングル「暗闇」でもセンターを務め、以降、STU48名義のすべての楽曲のセンターを任されている。

また、AKB48のメジャー50枚目シングル「11月のアンクレット」、51枚目シングル「ジャーバージャ」、52枚目シングル「Teacher Teacher」にも連続で選抜に選ばれている。

瀧野は、2018年4月からはアサヒグループ食品クリーム玄米ブランのCM限定ユニット「CGB41」のメンバーとしても活動しており、ブルーベリー味を担当している。

公式ニックネームは、「ゆみりん」である。

基本プロフィール

芸名 瀧野由美子 (Yumiko Takino)
本名 瀧野由美子 (Yumiko Takino)
国籍 日本
性別 女性
身長 164cm
血液型 O型
誕生日 1997年09月24日 (22歳)
干支
星座 てんびん座

所属

参加グループ

STU48

事務所 AKS

好きなタイプ

瀧野由美子の好みのタイプは、『花より男子』の道明寺司である。Sっぽい人が好きなわけではないが、その漫画の中でのタイプということだ。

性格

瀧野由美子は、現代社会を生きる成人女性とは思えないほど、純粋で真っ直ぐな性格である。また清楚で純朴なルックス、抜群のスタイル、優れた人間性であることから、ファンの間では、朝ドラやジブリのヒロインが物語の世界から飛び出してきたようだ、瀬戸内のキセキなどと言われている。

普段は「えへへ」と笑いながら、大学生活のことや、自転車で田んぼに落ちたこと、子どもの頃に家族と蛍を見に行ったエピソードなど、ほのぼのとした話をすることが多いが、皆の代表としてスピーチする際や、選抜発表後などにコメントを求められた時など、ひとたびSTU48に関した話題になると、人が変わったように真剣な表情を見せ、自分の気持ち以上に仲間やファンのことを考えながら、整然とした発言をする。

日頃、悔し涙を見せたり、仕事への不満や学業との両立の辛さを漏らしたりすることのない彼女だが、STU48船上劇場の外観がサプライズでお披露目された時は、「ずっとこの日を待ってました」と泣き崩れた。

そんな素晴らしい人物ではあるが、SHOWROOMで連投コメントされたら意地でも読まない、女の子は黒髪以外認めないなどと頑固な面も持っている。また、大好きな岡田奈々や電車のオタクトークをしているとテンションが上がって止まらなくなったり、ふざけた小芝居を突然はじめ、延々と続けるおちゃらけた面もある。

趣味

瀧野由美子の趣味は鉄道鑑賞(撮り鉄)で、特にSLやまぐちや新幹線の500系が好きで、いつかアイドルの職権でドクターイエローに乗りたいと思っている。

広島東洋カープが好きだが、そんなに詳しいわけではなく、まだ研究生レベルなのだという。それ以外にもクロスワードパズルにハマっている。

特技

瀧野由美子はサックスで音大に進学していることから、その腕前はプロ級である。AKB48のコンサートやSTU48のバラエティ番組などでも、演奏を披露したことがある。

また音楽大学に通っていることから、ピアノも少しだけ弾ける。しかし実は、子どもの頃によく吹いていたリコーダーが一番得意なのだと本人は語っている。

デビュー前の経歴

瀧野由美子の親が転勤族で、岐阜県や神奈川県(横浜)に住んでいたことがあり、小学生の頃からアイドルになりたかったという。

そんな瀧野は、ホリプロのスカウトマンらが各地で美少女をスカウトするHuluオリジナル企画「あなたの街のイチオシ美少女グランプリ」 にスカウトされたことがある。

また、オセロで全国大会に出場したことがあるという面白い経歴も持っている。

出身・家族・学歴

兄弟 姉、弟
高校 山口県立防府西高等学校
大学 エリザベト音楽大学

整形

なし

尊敬するアーティスト

STU48のYouTube Channel

瀧野由美子の楽曲

すべての楽曲を見る

STU48のメンバー

関連するアーティストを見る