山田野絵

NGT48 AKB・坂道

山田野絵について

山田野絵の公式ニックネームは、「のえピー」である。2015年7月25日に、NGT48第1期生オーディションの最終審査に合格した。

8月21日に、新潟市みなとぴあ前広場でのイベントにて、お披露目された。2016年1月10日に、正規メンバーへ昇格し、チームNIII所属となる。2016年3月9日に、AKB48のメジャー43作目のシングルとして発売された、「君はメロディー」のType D収録曲、「Maxとき315号」の選抜メンバーに選ばれる。

2017年4月12日に発売された、NGT48のデビューシングル「青春時計」の選抜メンバーにも選出された。テレビドラマ『豆腐プロレス』では、「ボイス山田」というヒール役で、ドラマを盛り上げた。

基本プロフィール

芸名 山田野絵 (Noe Yamada)
本名 山田野絵 (Noe Yamada)
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1999年10月07日 (20歳)
干支
星座 てんびん座

所属

参加グループ

NGT48

事務所 AKS

好きなタイプ

不明

性格

山田野絵は、NGT48のバラエティ担当で、常ににぎやかな元気キャラである。とにかく声が大きく、酒焼けしたようなハスキーボイスであることも、特徴である。

テレビ番組などでは、彼女が声を発しただけで、ゲストや番組MCを担当する芸人などがその声に驚き、話題にする。一旦喋り出すと、止まらない。また、仲間思いでもあり、他のメンバーに嬉しいことがあった時は、「うえーん」と、子どものような泣き方で、大粒の涙を流す姿がよく見られる。

勝負事などで勝利した時などには、周囲の空気を読まずに、はしゃぎすぎてしまい、結果として反省して、落ち込むこととなる場面が多々ある。それでも、またそういうシーンになると、やはりはしゃぎすぎてしまうのだという。

趣味

山田野絵は、音楽を聞くことが好きである。食べることも好きで、よくメンバーと食事に出かけることがあるという。

特技

山田野絵は、書道が得意である。また、似ていないモノマネをして、空気をおかしくする。

デビュー前の経歴

山田野絵が、NGT48のオーディションに応募した理由は、「新潟を盛り上げたい」と思ったからだという。

山田の母とNMB48の元メンバー市川美織の父親は、同じ職場で働いており、その縁もあってか、グループ加入前から山田と市川は知り合いだったとのこと。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 不明
大学 不明

周囲からの評判

山田野絵は、「HKT48の朝長美桜に似ている」と言われており、共演した日本テレビ『HKT48 VS NGT48 さしきた合戦』でも、山田は「NGT48の朝長」を自称していると、同期の荻野由佳から暴露されている。

それを聞いた朝長は、「涙出そうなくらいヤダ」と拒否したが、その後、朝長から山田に、誕生日プレゼントが贈られるなど、親交があった。一部ネットでは、「朝長よりも、元トップリードの芸人、和賀勇介に似ている」と言われている。

整形

なし

公式サイト・SNS

NGT48のYouTube Channel

NGT48のメンバー

関連するアーティストを見る