デフィ・キナル・プトゥリ

JKT48

デフィ・キナル・プトゥリについて

デフィ・キナル・プトゥリは、ジャカルタを中心に活動しているインドネシアの女性アイドルグループ、JKT48(ジェーケーティー・フォーティエイト)に所属するアイドルである。

秋元康総合プロデュースにより、2011年9月よりメンバーのオーディションを行い、同年にデビューを果たした。初の日本国外を拠点とする、AKB48のグループである。コンセプトもAKB48をモチーフにしつつ、インドネシア独自の文化に合わせたアイドルグループである。

デフィは、2011年11月2日にJKT48に訓練生として参加し、2012年12月23日にチームJに昇格した。2015年6月13日にチームKIIIに譲渡され、2016年9月11日にチームJに移籍した。初代チームJキャプテンで、元チームKIIIキャプテン(2代目)、JKT48アカデミー校長を務め、JKT48とJKT48バンドとして活動をしている。

時期は決まってないが、近日卒業予定である。

基本プロフィール

芸名 デフィ・キナル・プトゥリ (Devi Kinal Putri)
本名 デフィ・キナル・プトゥリ (Devi Kinal Putri)
国籍 インドネシア
性別 女性
身長 164cm
体重 50kg
血液型 A型
誕生日 1996年01月02日 (24歳)
干支
星座 やぎ座

所属

参加グループ

JKT48

事務所 JKT48 Project

好きなタイプ

不明

性格

デフィ・キナル・プトゥリは、JKT48のダンスの先生がいない時や、準備体操の時には、仕切りを買って出る、リーダー的存在の1人である。レッスン場では、厳しく他のメンバーを引っぱっているらしく、 日本のファンからは、「軍曹」と呼ばれている。

充実したJKT48の活動を楽しんでおり、メンバーのフェランダと一緒に、時間を過ごすことが多い。「忙しいか?」との問いには、「遊ぶ時間はたしかに減った」と話している。

休みの日には日本のドラマを見ていて、好きなドラマである『のだめカンタービレ』の主人公「のだめ」の諦めずに突き進む姿勢に、自分を重ねている。

デフィは、他に年長メンもいる中、チームJの頼れるキャプテンである。おせっかいなほど面倒見がよく、いつも明い雰囲気をつくる。バラエティ番組でも、安定のリアクションをするムードメーカーである。

普段は、そう目立ったポジションにいるわけではないが、RIVERではキャプテンとして、センターを任された。

趣味

デフィ・キナル・プトゥリの趣味は、ダンスとあくびである。

デビュー前の経歴

デフィ・キナル・プトゥリは、幼い頃からダンスが好きで、レッスンに通っていた。ダンスの映画『ステップアップ』に憧れており、日本のアイドルのダンスをインターネットでよく見ていた。AKB48のことも、デビュー前から知っていた。 

デフィは、カバーダンサーとしてキャリアを始め、最後のオーディションに入る、数百のEメールの応募者の中の1人であった。JKT48のメンバーとして、自分の夢を達成するために、奮闘し続けている。

2015年10月31日のハロウィン・ナイト・ハンドシェイク・フェスティバルでは、「JKT48 Band」として、タンバリンとボーカルを担当している。

出身・家族・学歴

兄弟 4人の兄弟の3人目
高校 高等学校(SMAN)1バンドン

周囲からの評判

デフィ・キナル・プトゥリは、「JKT48は家族だし、チームだから。助け合わなきゃ。私はダンスで貢献していきたい」と話している。

デフィは、JKT48に入り、初めて日本へ行くことができた。「ストローがすごく開けやすいなど、細かい部分に機能を持たせるところが、日本はすごいと思う」と印象を語った。

これからやってみたい仕事は、文化交流のイベントで、クバヤ(ジャワの伝統衣装)を着て出演することだという。

整形

不明

公式サイト・SNS

JKT48のYouTube Channel

JKT48のメンバー

関連するアーティストを見る