筒井 康隆

筒井 康隆について

筒井康隆は、日本の作家、劇作家、俳優であり、小松左京・星新一と並んで「SF御三家」と称され、パロディやスラップスティックといった笑いを得意としており、初期にはナンセンスな作品を発表している。

1970年代より、メタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を超える実験作を多数発表している。

1981年からは俳優としての活動も徐々に行なっている。主な出演作品としては、1998年ドラマ『ガラスの仮面』、2005年ドラマ『富豪刑事』、2006年ドラマ『新・京都迷宮案内3』などがある。

基本プロフィール

芸名 筒井 康隆 (Yasutaka Tsutsui)
本名 不明 (不明)
ニックネーム
国籍 日本
性別 男性
身長 166cm
体重 0kg
血液型 不明型
誕生日 1934年09月24日 (84歳)
干支
星座 てんびん座

所属

レコード会社
事務所 ホリプロ
事務所入所年

所属

レコード会社
事務所 ホリプロ
事務所入所年
デビュー年

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

1965年に、小松左京夫妻の仲介で、光子氏とお見合い結婚。

好きなタイプ

性格

筒井康隆が手掛ける作品から性格を読み取ると、思ったことはハッキリと言うタイプである。2007年に発表した作品『巨船べラス・レトラス』では誰にでもそれと分かるような大手情報企業が手痛い描かれ方をしている。

趣味

不明

特技

不明

デビュー前の経歴

筒井康隆は、小学生の頃に市で行なわれた知能検査でIQ178をたたき出した。当時市内トップのIQであったため、終戦後大阪市によって設立された特別教室に在籍していたという。

中学生になってからは、ほとんど学校に行かず映画館で映画を観続けていた。

大学に進学した際に、フランツ・カフカやミハイル・アルツィバーシェフにハマり、大きな影響を受けたと話している。

出身・家族・学歴

兄弟 弟3人
出生国 大阪府
出生地域
高校 春日丘高校
大学 同志社大学文学部

家族のエピソード・詳細

父親は、草分け期の動物生態学者の筒井嘉隆で、大阪市立自然史博物館の初代館長を務めた人物である。

解散・引退について

周囲からの評判

かつて『堕地獄仏法』で公明党を擬した政党が支配する恐怖の未来を描いた作品を描き、創価学会の猛烈な攻撃を受けたが、『末世法華経』で応酬するという騒ぎを起こしたことがある。

また、韓国の慰安婦問題に関し、「少女像」に対して「セクシーだ。抱きたいなぁ…」と発言して、韓国の慰安婦問題を取り扱う局から批判を受けている。

整形

なし

好きな食べ物

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo

このアーティスト情報は正しい内容ですか?もし情報が間違っている場合は、会員登録(無料)をして修正を提案してください。

会員登録(無料)して情報を修正