葵わかな

乙女新党 日本の俳優

葵わかなについて

葵わかなは、日本で活躍する女優である。

2009年に、ファミリーマートの『霧島の天然水』のCMオーディションに合格し、事務所所属後1週間でCMにて芸能界デビューした。また、同年2009年には、ドラマ『サムライ・ハイスクール』で女優でモデルの、「杏」の幼少期を演じ、ドラマデビューも果たしている。

2012年からは、日本テレビ放送の『ようこそ!東池袋ひまわり荘』の、出演者で結成された『乙女新党』のメンバーに選抜された。2013年にはCDデビューを果たし、歌手としても活動していた。

その後、女優業に専念していく事を理由に、2014年にチームから卒業しており、数々のドラや、映画に出演している。2015年に、TBSドラマ『表参道高校合唱部』、2016年に、日本テレビ系『マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~』に出演している。

2017年に、NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』にて、応募総数2,378名の中から見事ヒロインの役を射止め、吉本興業創業者の「吉本せい」をモデルとした「藤岡てん」を演じて、話題となった。

基本プロフィール

芸名 葵わかな (Wakana Aoi)
本名 葵わかな (Wakana Aoi)
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1998年06月30日 (22歳)
干支
星座 かに座

所属

参加グループ

乙女新党

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 2009

好きなタイプ

葵わかなの好みのタイプは、以前インタビューで「好きになった人がタイプです!」と語っていた。

性格

葵わかなは、以前、とてもひどい人見知りで、それは今もまだ少し残っているとの事だが、慣れてくると、とてもお喋りになる。

また、小学生の頃から、1人で図書室で本を読む事が好きだったというエピソードから、今も1人の時間をとても大切にしている。「少々、根暗とも取れるような性格である」と本人が語っている。

また、黙々と作業するのが好きなのか「大学受験は苦ではなかったです!」と話し、現在は、慶應義塾大学にて総合政策学部で学んでいる。真面目で、努力家な一面が伺える。

趣味

葵わかなの趣味は、読書と、一人カラオケである。好きな作家は、三浦しをん、伊坂幸太郎、宮部みゆきで、通学時間によく読んでいる。また、小説のみでなく、漫画も好きである。

特技

葵わかなの特技は、絵を描く事と、木登りである。「木登り」に関しては、詳細は不明だが、葵わかな自身とても人見知りで、インドア派だというので「絵を描くこと」等、自宅や部屋の中で出来る事を、得意としている。

デビュー前の経歴

葵わかなは、幼少期より「いつかはバラエティ番組に出て、ピンポン!を押してみたい!」という夢を抱いていた。小学5年生の時に、オーディションに応募する履歴書用の写真を撮りに、母親と共に原宿に行った際に、偶然にもスカウトを受け、芸能界に入る結果となった。(スカウト回数は、1日に7回受けた事もある)

ちなみに、2009年のデビュー作となったCMは、事務所に所属してからたった1週間後に受けたオーディションで合格し、ファミリーマート「霧島の天然水」にてデビューする事となったので、事務所所属からデビューまではとても短い期間だった。

出身・家族・学歴

兄弟 姉1人、妹1人
高校 情報なし
大学 慶應義塾大学

周囲からの評判

葵わかなは、NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、ヒロインを演じた事で、様々な評判が飛び交った女優の1人だった。

また、演技者としての経歴の浅さから言ったら当たり前ではあるが、NHK朝の連続テレビ小説のヒロインの中では、抜群の演技力を誇る女優の高畑充希や、有村架純と並べても、負けない程の素晴らしい演技力と、印象を残す事ができた女優だとも言われている。

また、「経験はまだまだ浅いけれど、持ち前の演技力や努力で、一気に名を挙げた女優だ」という、現場関係者からの評判が良かった。

整形

なし、歯列矯正のみ

公式サイト・SNS

乙女新党のYouTube Channel

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

乙女新党のメンバー

関連するアーティストを見る