佐藤健

日本の俳優

佐藤健について

佐藤健は、2006年ドラマ『プリンセス・プリンセスD』にてデビューを果たす。

その後、2007年には『仮面ライダー電王』の主人公・野上良太郎役を演じて、連続テレビドラマ初出演にして大きな注目と話題を集めることとなった。2010年にはNHK大河『龍馬伝』に出演し、時代劇にも出演を果たす。

佐藤健の主な作品として、2008年ドラマ『ROOKIES』、2009年ドラマ『メイちゃんの執事』、2009年ドラマ『Mr.BRAIN』、2010年ドラマ『Q10』、2013年『とんび』、2015年『天皇の料理番』、2012年映画『るろうに剣心』等が挙げられる。

CM契約数もかなり多く、ラジオのパーソナリティも務める等、活躍の幅を広げている俳優である。

基本プロフィール

芸名 佐藤健 (Takeru Sato)
本名 佐藤健 (Takeru Satoh)
国籍 日本
性別 男性
身長 170cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1989年03月27日 (31歳)
干支
星座 おひつじ座

所属

事務所 アミューズ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

前田敦子と佐藤健の熱愛報道は、2010年ドラマ『Q10』で共演したことによるものだった。しかし、番宣を考えた捏造ものではなく、共演後に仲良くなった双方が他の友人も交えて夜遊びしていた際に前田敦子がベロベロニ酔っぱらってしまって、佐藤健にお姫様抱っこをされて店から出てくるところを週刊誌にキャッチされてしまったことからだった。交際の事実はないと双方の事務所が否定し、熱愛疑惑は徐々に落ち着いて行ったようだ。

佐藤健と吉岡里帆の趣味が同じ「ゲーム」であることから熱愛報道が出されたようだ。また、週刊誌『女性セブン』がすっぴんで佐藤健の自宅へと通う女優・吉岡里帆の姿をキャッチして「熱愛か?!」と報じた事で出た報道のようだ。しかし、こちらも噂に過ぎないようで写真などの決定的な証拠は出されていないとのこと。

佐藤健は、共演者キラーとして有名で、吉岡里帆も今一押しなだけに、証拠は事務所に揉み消されている可能性が高いという。

ドラマ『ROOKIES』で共演してた際に噂が流れた。しかし、目撃情報は無くただの噂である可能性が高い。

2008年に『女性セブン』が2人の交際を報道した。2007年放送の「仮面ライダー電王」での共演をきっかけに知り合い2008年頃から交際に至る。

2008年10月におこなわれた秋山の誕生日パーティーで、些細なことで佐藤と大喧嘩してしまったそう。その後仲直りすることなく佐藤は帰ってしまい、秋山もずっと泣いていたという。

2014年2月に『女性セブン』が2人のお泊り愛を報道した。広末が佐藤の自宅マンションに入り、9時間後に時間差でマンションをあとにした姿を目撃された。その他にも完全個室のスパでのデートも目撃されている。2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」での共演をきっかけに知り合った2人だが、その当時はそこまで仲がいいわけではなかったそう。

広末は2010年にキャンドル・ジュンと結婚しているが、スクープされた当日は東京に不在だったそう。広末はキャンドル・ジュンのことが大好きだったが、あまり頻繁には会えないため不倫に走ってしまったと言われている。また、広末の第三子の父親は佐藤なのではないかと言われているが、真偽は不明である。

好きなタイプ

佐藤健は、「自身は恋愛に消極的なタイプだ。」と話しており、好きな女性のタイプもそういった点から「よく喋ってくれる女性がタイプ」だと語った。続けて「自分があまりたくさん話さないタイプなので、たくさん話してくれる相手が良い。」と話し、「黒髪ロング、色白の人が好き」とも話していた。

そして、「いつかは結婚したい。」「家に誰かがいてくれた方が、仕事を頑張れるタイプだと思うから。」と話している。

性格

佐藤 健は、幼少期から非常にシャイで、オーディションを受けた際も自己アピールに苦しむといった大人しい一面がある。

また、小学生の時に見上げた木の枝が毛虫だらけだったことから、毛虫が嫌いになり、さらに毛虫を異常にこわがるようなった等のナイーブな面もあるようだ。さらには、4歳年下の妹には優しくしていて家族仲が良いようで「お兄ちゃんが、私が好きな俳優さんたちと共演するのが嬉しいと言ってくれるのが僕は嬉しいです。」と照れながらも仲の良さを伝える場面もあったようだ。

趣味

佐藤 健の趣味は、実家で飼っていた猫2匹と戯れることや、身体を動かす事が好きなようだ。中学時代は野球を、高校時代はブレイクダンスをやっていたという。さらには少林寺拳法では黒帯を取得しているという。

特技

佐藤 健は、ブレイクダンスが得意である。主な作品である『仮面ライダー電王』の中でも、佐藤健の特技が取り上げられ実際にブレイクダンスを踊るシーンがあったようだ。

デビュー前の経歴

佐藤 健は、高校2年生の時に、初めて訪れた原宿でスカウトされたことをきっかけに芸能事務所に所属する事となった。

高校でブレイクダンスを始めるが、「ダンスに夢中になりすぎて恋愛もせずに来る日も来る日もダンスをしており、さらには高校2年生から芸能活動を始めてしまったので恋愛をする余裕がなかったと思う…高校生活には後悔がある。」と映画『バクマン』の高校生限定試写会で語っていた。

佐藤健が通っていたとされる「越谷北高校」は偏差値が66程あり、超難関校の一つとして挙げられようなので、学業との両立も大変だったのだろう。

また、小学生から野球をやっていて中学生時代は野球部に所属しており、ポジションはセンター・レフトだった。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 越谷北高校
大学 進学していない

周囲からの評判

佐藤健は、共演者キラーや女性問題でのイメージがあまり良くないが、主演する映画は興行収入ランキング上位に乗るなどしている。

2015年ドラマ『天皇の料理番』では、料理するシーンなど代役なしで全て本人によるものだったことが大変話題になったのが記憶に新しい、佐藤健は仕事や演技にかける努力が類まれなるものがあると現場監督や関係者の中では専らの評判の良さなんだとか。その為、スキャンダルが多かろうがまた一緒に仕事をしたいと思わせるのだと評価されている。

整形

なし

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

佐藤健の楽曲

すべての楽曲を見る

佐藤健が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

佐藤健が作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る