阪本奨悟

阪本奨悟について

阪本奨悟は、シンガーソングライター・俳優として活動する、アミューズ所属の俳優・歌手である。

2006年に、HONDAのCMでデビューをしており、舞台『テニスの王子様』で、4代目越前リョーマを演じ、話題を集めた。また、その他数々のドラマ・映画に出演しており、主な作品は2006年放送のドラマ『女王の教室』、2009年ドラマ『相棒シーズン8』、2010年ドラマ『素直になれなくて』、2011年『スイッチを押すとき』などである。

また、大変な人気を集めてしまった関係で、ファンが自宅や学校付近に押し寄せたりと、身の危険を感じるような経験をし、2010年に「一度学業に専念する」との理由で、引退している。2012年より活動を再開した。

基本プロフィール

芸名 阪本奨悟 (Shogo Sakamoto)
本名 不明 (不明)
国籍 日本
性別 男性
身長 169cm
体重 0kg
血液型 O型
誕生日 1993年06月13日 (27歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 アミューズ
デビュー年 2006

好きなタイプ

阪本奨悟は、好きな女性のタイプは特にないようで、「僕が好きになった人が好きなタイプです」と話している。

性格

阪本奨悟は、シンガーソングライターとして活動しているが、路上ライブや小さなライブハウスで対バンを行ない、自力で努力を重ねている。

舞台『テニスの王子様』で、有名になった知名度を利用しての活動ではないところを見ると、野心や情熱を持っていることが、見て取れる。努力して経験を積み上げ、学んでいく真面目な性格だと言える。

趣味

阪本奨悟の趣味は、ギター演奏である。「特に好きな曲は、歌手・福山雅治の桜坂」だと語っている。

阪本のデビュー曲「鼻声」と「しょっぱい涙」は、福山がプロデュースしたようで、福山も彼の事を大変気に入っているようだ。

特技

阪本奨悟は、サッカーが得意である。幼少期からずっとやっており、学生時代はサッカーばっかりやっていた。

また、演技力に定評があるが、現在シンガーソングライターとしても活動しており、その歌唱力は折り紙つきだという。その点から、歌も得意なカテゴリーに入るだろう。

デビュー前の経歴

阪本奨悟のデビューのきっかけは、ドラマや映画が大好きで、「自分も演じて表現する側になってみたいなぁ」と思ったことである。その後自身から応募し、芸能界への切符を掴んだ。

学生時代は、サッカーばっかりやっているサッカー少年で、それ以外は普通の学生だったという。

出身・家族・学歴

兄弟 兄と姉
高校 堀越学園高校
大学 不明

周囲からの評判

阪本奨悟は、舞台『テニスの王子様』で4代目越前リョーマを演じ、大変な人気を得た。阪本は、イケメンな顔立ちはもちろんのこと、多くのファンや現場関係者から人気が出たのは、彼の演技力に理由があるようだ。

現在は、シンガーソングライターとしても活動しているが、演技力・表現力も高く、歌も上手で、「舞台やミュージカル界で人気が出るのも、納得だ」という意見が多く飛び交っているとのこと。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

阪本奨悟の楽曲

すべての楽曲を見る

阪本奨悟が作詞した楽曲

すべての作詞した楽曲を見る

阪本奨悟が作曲した楽曲

すべての作曲した楽曲を見る

関連するアーティストを見る