小関裕太

日本の俳優

小関裕太について

小関裕太は、NHK『天才てれびくんMAX』の2006年~2008年の約2年間出演していたことで、有名なアミューズ所属の俳優である。

デビューは2003年で、セキスイハイムのCMで、俳優・阿部寛の息子役としてデビューをした、元子役俳優である。2006年放送のドラマ『ダンドリ。~Dance☆Drill~』では、主演の女優・榮倉奈々の弟役として出演していた。

ドラマ・映画のみでなく、舞台やミュージカルにも出演しており、幅広い分野で活躍している俳優である。主な出演作品は、2014年ドラマ『おやじの背中』、2017年ドラマ『奥様は、取り扱い注意』、2006年映画『親指さがし』、2010年『大奥』、2018年映画『曇天に笑う』などである。

基本プロフィール

芸名 小関裕太 (Yuta Koseki)
本名 小関裕太 (Yuta Koseki)
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
体重 0kg
血液型 AB型
誕生日 1995年06月08日 (25歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 アミューズ
デビュー年 2003

好きなタイプ

小関裕太の好きな女性のタイプは、「ナチュラルな雰囲気を持っていて、かつ笑顔が素敵な人」とのこと。とにかく「ナチュラル」な方が好きなようで、好きな女性にして欲しいファッションも、「ナチュラルで、落ち着いた感じの服装をして欲しいです」と話している。

また、自身の母親をべた褒めしており、母親のように、ポジティブ思考で明るい人も、好みなようだ。

性格

小関裕太は、とても優しい性格で、業界内やファンの間で有名なようで、偶然街で見かけたファンが、「写真撮っても良いですか?」と声をかけたところ、嫌な顔一つせず、「は~い!是非!そしたら、一緒に撮りましょう!」と、快く引き受けたのだとか。

また、自身では「考えること」や「哲学」が好きで、「色々な考えが存在することを知れるので、たくさんの方と話をするのが好きです」と話し、「気難しい人と話すのも好き」と語っている。

どうやら本人も難しく考えすぎてしまうところがあるようで、本人も少し気難しい性格なのかもしれない。

趣味

小関裕太は、プール、ダンス、空手が趣味である。多趣味なタイプで、「やってみたい!」と思ったことは、大抵やってみるタイプである。

ギターやベース演奏、バスケットボール、筋トレなど、様々な趣味に挑戦している。

特技

小関裕太は、ダンスとアクロバットが得意なようだ。ダンスは幼少期から習っていたようで、デビューのきっかけも、ダンススクールで「俳優業に興味はないか?」と声をかけられたことが、きっかけだったという。

デビュー前の経歴

小関裕太は、わずか7~8歳でデビューしている為、デビュー前の経歴は、幼稚園もしくは保育園児としての学歴程度しかない。

しかし、幼少期から多趣味だったようで、ダンススクールで練習していたところをスカウトされ、芸能界入りを果たしている。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 堀越高校
大学 進学していない

周囲からの評判

小関裕太のような元子役俳優は、「子役時代には可愛かったのに、成長したらちょっと残念…」と評価される俳優が多い中、小関は「大成功した良い例だろう」という高評価を受けている。

身長も180センチと、日本人の中では高身長で、顔立ちも崩れてしまうことなく、「爽やかさと可愛さを残した、良い出来上がりだ」と、業界では評価がとても高い。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

小関裕太の楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る