株元英彰

株元英彰について

株元英彰は、芸能事務所アミューズの俳優であり、劇団プレステージに所属し、舞台やミュージカル界で活躍している。

また、その他数々のドラマや映画にも出演しており、2008年放送のドラマ『ブラッディ・マンデイ』、2014年『ディア・シスター』、2018年『アンナチュラル』、2017年映画『斉木楠男のΨ難』などに出ており、その他アニメにも声優として出演をするなど、幅広く活躍している俳優である。

基本プロフィール

芸名 株元英彰 (Hideaki Kabumoto)
本名 不明 (不明)
国籍 日本
性別 男性
身長 174cm
体重 0kg
血液型 A型
誕生日 1989年04月27日 (31歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 アミューズ
デビュー年 2008

好きなタイプ

株元英彰は、歌手の鈴木亜美が好きなタイプで、初めて買ったCDは「BE TOGETHER」であった。

また、女性の脚が大好きで、まず女性を見る時「女性の脚を、見てしまっている自分に気がつきました」と話している。雑誌のインタビューで、「水着か浴衣どちらが好きですか?」という質問には、「浴衣です!日本人女性の奥ゆかしい美しさを際立たせる服だと思う」と答えている。また、浴衣=夏だけの限定というのも、ポイントが高いようだ。

性格

株元英彰は、劇団プレステージのスタッフ等からは「男前」「おバカ」「面白い」「真面目」などの評価が挙がっている。

性格は、とてもユニークで自由奔放なようで、「男前ですね!」や「イケメンですね!」と言われた際に、「はい。自負しております!」と答えたり、「ありがとうございます♪」と答えることもあるのだとか。理由を聞くと「折角相手の方が、自分の事を見て『イケメンですね!』って感じて言って下さっているんだから、その気持ちを否定するのも失礼!それに『いえいえ…』とか答えると、嫌味っぽい気がするし、それだったら素直にすっぱり認めちゃった方がむしろ清々しい気がして!」と、元気いっぱいに自身の意見を話していた。

趣味

株元英彰は、サッカー観戦が趣味である。元々サッカーをしており、クラブチームでの経験や、九州地区第4位の腕前などを誇る。

サッカーをやることも好きだが、観戦することも大好きなようだ。特に、スペインのサッカーチームの試合は欠かさず観ているようだ。

特技

株元英彰は、サッカー、涙を流す演技、短距離走、逆立ちが得意である。サッカーではクラブチームを経験しており、九州地区で第4位に入るほどの実力を持っている。

デビュー前の経歴

株元英彰は、デビュー前はサッカーをこよなく愛する、サッカー少年だった。

出身・家族・学歴

兄弟 兄(3歳上)
高校 不明
大学 不明

周囲からの評判

株元英彰は、同じ劇団プレステージ所属の劇団員たちの中で「劇団プレステージのモテ男ランキング」の第3位になったことがある。「株元は、めちゃくちゃ男前だけど付き合ったら彼女は苦労すると思う…」「面白さは天下一品だから、楽しませてはくれるとは思う」「交際に至っても、結局結婚とはならない男」という意見が挙がっていた。

また、劇団の女性スタッフからは、第1位に選ばれている。「男前さと、おバカさと、真面目さがちょうど良い塩梅です」や、「株元自身がかなりの自由奔放さなので、彼女側は放っておいても大丈夫そう。逆に振り回されないかもしれない」という意見が挙がっていた。

公式サイト・SNS

株元英彰の楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る