安崎求

安崎求について

安崎求は、日本で活躍している俳優である。

日本芸術センターを経て、ミュージカル『ファンタスティックス』のマット役で、デビューした。その後、野沢那智主催の、劇団薔薇座に入団した。『レ・ミゼラブル』の日本初演で、マリウス役に抜擢され、数々のミュージカルで主要キャストを演じた。

現在は、俳優の他にも歌唱指導や、演出などスタッフとしても活躍している他、各養成所で若手の指導にも当たっている。青二プロダクション、日音プロモーション、添田事務所を経て、現在ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属している。

基本プロフィール

芸名 安崎求 (Motomu Azaki)
本名 安達求 (Motomu Adachi)
国籍 日本
性別 男性
身長 173cm
体重 64kg
誕生日 1960年03月07日 (60歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 ホリプロ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

安崎求は、あまり情報はないのだが、ミュージカル女優の鈴木ほのかと『プリンセスと魔法のキス』で共演している。

好きなタイプ

詳細なし。

性格

詳細なし。

趣味

詳細なし。

特技

安崎求は、情報はないが、歌唱指導などの講師を務めているので、歌が得意である事が伺える。

デビュー前の経歴

安崎求は、元々音楽が好きで、小学校の時はブラスバンドをやっていた。

また、初めて観たミュージカルは、劇団四季の『ウエストサイド物語』と、『ジーザスクライスト・スーパースター』だった。ミュージカル映画が大好きで、池袋の文芸座で3本立てで300円という作品を学校が早く終わった時や、中休みがあると観に行っていた。

また、芝居をすることは、高校生の時から大好きだった。英語演劇クラブに、「男がいないから」という理由で、引っ張られたのがきっかけで演劇を始めた。九州大会で、個人賞を受賞したり、学校が2位を獲ったりして、徐々に演劇を面白いと思うようになった。大学時代には、アルバイトで『8時だョ!全員集合』の少年少女合唱隊コーナーに、聖歌隊として、出ていた。

出身・家族・学歴

大学 東京芸術大学声楽科

周囲からの評判

詳細なし。

整形

なし

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

安崎求の楽曲

すべての楽曲を見る

関連するアーティストを見る