カン・テオ

韓国の俳優・韓流スター K-POP・韓国のアイドル 韓国の歌手

カン・テオについて

カン・テオは俳優。俳優たちで構成された"5UPRISE"のメンバーであり、歌手兼エンターテイナーの活動をしている。

2014年11月18日シングル「From my heart」を発売し、その後日本でも2015年に「5urprise Flight」、2016年には「SHAKE IT UP」を発売した。

韓国とベトナムの合作ドラマ『今日も青春』の主演を演じ、特にタイで人気となりファンを増やした。

その他、中国や香港などでファンミーティングや歌手活動を行っている。ドラマにも多く出演。2013年MBCドラマ『ドラマフェスティバル』では1970~80年代の流行に敏感な男子を演じた。2014年KBS『愛と戦争』、2015年MBC『女王の花』、MBC『最高の恋人』、2018年OCN『ショート』などがある。

基本プロフィール

芸名 カン・テオ (Gang Tae O)
本名 キム・ユンファン (Kim Yoon Hwan)
国籍 韓国
性別 男性
身長 179cm
体重 66kg
血液型 B型
誕生日 1994年06月20日 (26歳)
干支
星座 ふたご座

所属

事務所 ファンタジオ

好きなタイプ

カン・テオは、自身の恋愛スタイルについては、まだ分からない、模索中とのことだが、清純でどんなことにも積極的に挑戦し、料理が上手な女性が理想のタイプだそうだ。

性格

カン・テオは、知人たちからは、突拍子がなくて天然、純粋だといわれているそうだ。仕事を一緒にしたことのある関係者たちによると、カン・テオは撮影中ずっと愉快なオーラを発散して、その場の雰囲気を明るく楽しいものにしてくれるパワーがあるという。

また役者としての情熱が強く、やる気もあるため一緒に仕事をしていて気持ちが良い存在だそうだ。カン・テオを見ていると「努力」という言葉を連想させるほど、彼の体の底かわ沸きあがってくる情熱を感じるという。

周囲の人たちへの気配りを忘れず、自分よりも他人のことを先に考える。相手に対して常に礼儀をわきまえ、謙虚な心で接するため高感度が高い俳優だ。辛いときや嫌なことにぶち当たったときは、その感情をすぐ表に出さず、一度深呼吸して冷静になり考えてみるようにしているそうで、そうすると少しずつ気持ちがコントロールして怒りがしずまってくるという。

何にでも完璧さを求めるところがあり、演技については、自分がどんな役柄を受け持っても、それにぴったり合うよううまく表現し、ファンをがっかりさせないように努力するのが自身の義務だという。

趣味

カン・テオの趣味は、運動と演技。カン・テオの意外な趣味としてハーモニカを演奏がある。2017年3月に放送されたサバイバルプログラム『ジャングルの法則』でインドネシアに行った際ハーモニカ演奏を披露し、その選曲が笑いを呼びながらもあまりの上手なハーモニカの実力に共演者たちをびっくりさせた。

特技

カン・テオが、運動神経が良いことは周囲だけでなく自らも認めている。特に、鉄棒など筋肉運動系が得意。スポーツジムにあるような機械を寄宿舎に設置して運動しているそうで、体を作る目的もあるが、運動が好きだから続けているようだ。

幼い頃は、がりがりにやせていて、「干物」といわれていた。実の兄にもガイコツなどとからかわれ、体型に対するコンプレックスが日に日に大きくなっていた。兄は運動を専攻していたので、家にはウエートトレーニングの機械が沢山あった。鉄棒もあったので自分もそれらを使って鍛えることにした。2年間運動したら体に変化が訪れたという。それからは、運動が得意になった。

デビュー前の経歴

カン・テオは、幼い頃はがりがりにやせていて、「干物」といわれていた。実の兄にもガイコツなどとからかわれ、体型に対するコンプレックスが日に日に大きくなっていた。兄は運動を専攻していたので、家にはウエートトレーニングの機械が沢山あった。鉄棒もあったので自分もそれらを使って鍛えることにした。2年間運動したら体に変化が訪れたという。それからは運動が得意になった。

小学校に演劇部があり、5年生の頃から劇場や児童福祉の公演などによく通っており、舞台で自然と観客と共感することも体験し、俳優になりたいという夢が大きくなっていった。中学校、高校の頃は青少年映像制作部で短編映画『青い唐辛子の物語』を作り出品したことがある。

高校2年生のとき、所属会社であるファンタジオに入社し、練習生生活を送り始め、現在に至る。第二外国語で中国語を専攻していたので現在中国で活動するときは、メンバーの誰よりも中国語の発音が良いので自慢だ。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 鵲田高等学校

周囲からの評判

サプライズのメンバーであるソ・ガンジュンが常に圧倒的な人気を誇っているため、一緒に番組に出演するときはソ・ガンジュンに一番初めにスポットライトが当てられることについて、他のメンバーは萎縮したり嫉妬したりはしないのか?という質問に対してカン・テオは、「同じメンバーのガンジュンが有名になることは自分たちにとっても喜ばしいことなので、嫉妬心などは一切ない。」と述べた。

芸能番組『ラジオスター』では、ソ・ガンジュンがカン・テオの手を握るなど、信頼関係が厚いことが見えた。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る