ヒョリン

SISTAR K-POP・韓国のアイドル

ヒョリンについて

ヒョリンは、ガールズグループSISTARのリーダーを2017年解散するまでつとめた。

2010年、初シングルアルバム『PushPush』を発売した。

2011年5月に、同メンバーのボラと二人でユニットSISTAR19のメイ ンボーカルメンバーとしても活動し、シングル『Ma Boy』を発表。

その他、2011年10月ドラマ『栄光の才人』のOST「私にはあなただから」を発売。2012年1月『ドリームハイ』にてナナ役として、出演した。

2017年には所属会社BRIDGEを設立し、ソロ活動をスタートした。2018年2月6日には、3枚目のソロアルバム『To Do List』を発売した。

基本プロフィール

芸名 ヒョリン (Hyolyn)
本名 キム・ヒョジョン (Kim Hyo-jung)
国籍 韓国
性別 女性
身長 164cm
体重 45kg
血液型 B型
誕生日 1990年12月11日 (29歳)
干支
星座 いて座

所属

参加グループ

SISTAR

事務所 ブリッジ

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

ヒョリンは、歌手のKwillと野球場デートが報道されて熱愛説が流れたが、Kwillが「ただ野球場で会っただけ」と交際説を否定した。

好きなタイプ

ヒョリンは、自身の理想のタイプについて、筋肉質で男らしい人が好きだと答えた。生活力があって責任感の強い男性が良いといい、リポーターが「もし恋人ができたらオープンで交際するか?」と答えると「その状況になってみないとわからない、まだ恋人がいるわけでもないのにそんな質問先走っていませんか?」とヒョリンらしくすぱっと回答した。

ヒョリンは、芸能人でいうとカン・ドンウォンが理想のタイプだそうだ。ずっとカン・ドンウォンのことだけが好きだったそうだが、「スジや元KARAのハン・スンヨンも彼のことが好きだからライバルが多すぎる」と付け加えた。

性格

SISTARの中でヒョリンはカリスマのあるリーダーである。

関係者の話によると、メンバー同士同じ空間で長いこと過ごしていると意見の食い違いも生じるのだが、そのような時はヒョリンが間に入り意見をうまくまとめている。

ヒョリンは、メンバーの中で一番年上ではなく、ボラが年長者だが、それでもヒョリンは皆が嫌がる役割を自ら進んで担当している。時ににはお説教じみた指摘もしなければならないヒョリンだが、メンバーたちはヒョリンの言うことを尊重しているそうだ。

またクールな性格で言いたいことをはっきり言うヒョリンは、見る人にとっては「無礼すぎないか?」という反応もあるようだ。ある番組で、ガールグループTIARAとSISTARのメンバーが出演し、「互いのメンバーにない魅力は何?」という話題の中で、TIARAのソヨン(色白)がSISTARの「健康的なブロンズ色の肌が美しくてうらやましい」と言うと、ヒョリンはあからさまに不機嫌そうな表情をしながら「焼けばいいじゃん?」と言い放ったのは印象に残る場面。

感情の良し悪しをあまりに正直に出してしまうヒョリンを裏がないととらえるか、もう少しわきまえろととらえるかは人それぞれなようだ。

趣味

ヒョリンは、2017年、ソウルの城北洞に引越した。

ヒョリンは、静かで落ち着きのある城北洞にずっと住みたいと思っていたそうで、長く住む家を自分好みの空間にしようと室内インテリアをデザインした。

ヒョリンは、飼っている猫たちが楽に上り下りできるようにも気を使った。完成してからメンバーのソユがすぐに遊びにきたが、ソファに座ったままなかなか帰ろうとしなかったそうだ。

ヒョリンは、新しい家で好きな音楽をゆっくり聴いたり、友達たちが気楽に遊びに訪れて思い思いにくつろぐ時間がまたとない幸せだという。

特技

ヒョリンは、運動が得意。生まれたばかりの頃は病弱だったヒョリンだが、小学校に入ると陸上選手として活躍するほどの健康な子供となった。

ヒョリンは、中学校でも体育の時間ではドッジボールでいつも1等など運動神経抜群だった。

ヒョリンは、2010年『アイドスタール陸上選手権大会』では女子100M 走で銅メダルをとるなどの記録を残している。

ヒョリンは、歌の実力も定評があり、独特のハスキーボイスで力強い歌声は、「韓国のビヨンセ」とも呼ばれている。デビュー当初、歌手シン・スンフンにも絶賛されている。

デビュー前の経歴

ヒョリンは、4,2キロで生まれてきて健康児だと思ったら、お腹の中に腹水がたまっていたのだという。そのため生まれてすぐに集中治療室に入った。病名は稀に見る胆道閉鎖症。1年後には腸重積症も併発し、赤ちゃんの頃二回も開腹手術を行うなど、幼い頃は病気のため普通の子供よりも制限の多い不自由な生活を送っていた。この二回の病気のため、胆臓と盲腸がない。お腹に傷が残っているためビキニを着れないのが悲しいそうだ。

そのためヒョリンの夢は「ビキニを堂々と着る」ことだという。小さな頃の度重なる病気で苦労したので家族はいつもヒョリンに最大の関心を払っている。

ヒョリンは、デビューしてから初めての放送では祖母が電話口で大泣きした。生まれてすぐに死の境をさまよっていた孫がこんなに立派に育ったことに感極まったそうだ。

ヒョリンは、2014年、アルバム『TOUCH&MOVE』の活動が始まり、お腹の傷を隠そうと傷の上に大きなタトゥーを刻んだ。キリスト教信者のため、タトゥーには十字架と宗教的意味をこめた言葉が刻まれた。

ヒョリンは、幼い頃から漠然と歌手になりたいと思っていたが、家庭の事情もあり歌手になる準備をする環境にはなかった。

ヒョリンは、後に実用音楽家に進学するためには、企画会社にはいったほうが良いのではという考えにより、高校三年生のときにJYPエンターテイメントのオーディションを受け、2期公開採用1位で合格した。このころから歌を正式に習い始めた。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 仁花女子高等学校
大学 聖霊女子大学メディア映像演技学科

周囲からの評判

ヒョリンは、小学校の頃は男のから色黒をからかわれいつも喧嘩していた。色黒なことが大きなストレスだったそうだ。色白になりたくて母親のBBクリームを体全体に塗りたくったこともあるという。

ヒョリンは、顔が小さいからと「宇宙人」というあだ名までつけられていたそうで「なぜ宇宙人なんていう表現をするのか、本当に韓国人って理解できない」と、当時の苦い思い出を話したことがある。

しかしSISTARとしてデビューしてからは小さな顔も健康的な肌の色もヒョリンにとって欠かせないチャームポイントだ。

整形

ヒョリンは、二重の手術をした。

公式サイト・SNS

SISTARのYouTube Channel

SISTARのメンバー

関連するアーティストを見る