ユン・アジョン

韓国の俳優・韓流スター

ユン・アジョンについて

ユン・アジョンは、2008年、映画『ビスティーボーイズ』で芸能界にデビュー。同年『ガラスの城』にてドラマ初出演し、その後は主に悪役を熱演した。

代表的な出演ドラマは、2009年『すべてあげるよ』、2011年KBS1『我が家の女たち』、2013年MBCの大ヒットドラマ『百年の遺産』、2013年MBC『奇皇后』、2014年MBC『ばら色の恋人たち』、2017年MBC『あなたはひどすぎます』、2016年映画『コラニ』などがある。

主な受賞歴は、2016年にはKBS演技大賞で日日ドラマ部門の女子優秀演技賞、2017年にはMBC演技大賞で週末ドラマ部門の女子黄金演技賞を受賞した。

基本プロフィール

芸名 ユン・アジョン (Yoon A jung)
本名 ユン・ジョンミ (Yoon Jung Mi)
国籍 韓国
性別 女性
身長 166cm
体重 48kg
血液型 A型
誕生日 1981年11月19日 (38歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 The Awesomeエンターテイメント

好きなタイプ

ユン・アジョンは、2017年に9月に放送されたtvN番組『タクシー』の中で、その時点で恋人がいないことを明かしながら、最近自分の理想のタイプが変わったと述べて関心を集めた。

20代の頃は外見を重視していた。特に目つきや背、また肩幅が広い頼りがいのありそうな人が理想のタイプだったのだが、30代になった今は、外見よりも性格を重視するようになったと話した。

性格

ユン・アジョンは、その少し冷めた顔つきのためか、ドラマではもっぱら悪役が多く、「いつも悪い女ばかり演じているけれど、実際の性格はどうなのか」と聞く人が多いという。ユン・アジョン本人は「実際の性格も悪辣で毒づいた性格だと思われてるのが悲しい」と述べたことがある。

外見からは、周囲に強い印象を与えるが、プライベートでの彼女はその正反対で、さっぱりしていて女っ気があまりなく、おおざっぱな人物である。

趣味

ユン・アジョンの趣味はベリーダンス。練習を始めて4年以上になり、資格も持っている。2017年9月に放送された現場トークショー『タクシー』で実際にベリーダンスを披露した。学ぶことが好きで、他にもスキューバダイビングの資格を持っている。

特技

ユン・アジョンの特技は、演技へののめり込みである。

綺麗でクールな雰囲気とは裏腹に、演技では常に体当たりで挑む女優だ。ドラマ『百年の遺産』では、愛するイ・セユンの心を取り戻そうと水の中に飛び込み自殺を試みるシーンがあり、にユン・アジョンは水中撮影を4時間も行なった。

また、映画『ビスティボーイズ』では真冬に銭湯の前でハ・ジョンウに殴られるシーンを演じた。その時道路が凍っていて、ハ・ジョンウに帽子をつかまれるシーンで後ろに転び、頭を地面に思い切り打ちつけてしまった。しかしユン・アジョンは「監督がリアルさを追求していたため、そのまま撮影を続けた」という。

そんな常に真剣勝負のユン・アジョンは、「本来の自分」と「役を演じている自分」を切り替えるのが苦手だという。

デビュー前の経歴

ユン・アジョンは、高校2年生の時、演劇部のメンバーと学校行事でステージに立って拍手喝采を受けた。その時「この瞬間がずっと終わらなければいいのに。もっと舞台に立ってこの拍手をまた受けたい」と強く思い、自分は女優になろうと決心したという。

その後、大学ではためらうことなく演劇映画科を専攻した。そして女優になるために何度もオーディションを受けて努力を積み重ねてきたので、女優の夢をかなえた今でも、『Kポップスター』『スーパースターK』『偉大な誕生』などのオーディション番組を見ると、昔の自分を思い出すようで気持ちが引き締まるという。

出身・家族・学歴

兄弟
大学 国民大学校 演劇映画学科

周囲からの評判

ユン・アジョンはデビューしてから2017年まで本当の年齢を公開していなかった。当時は「1983年生まれ」と公開していたのだが、2017年に放送されたtvN『タクシー』に当時MBC週末ドラマ『あなたはひどすぎる』に共演していたイルと出演した際、同い年同士のはずのイルが、ユン・アジョンに対して無意識に「ヌナ(男性が年上の女性を親しく呼ぶ時に使う)」と呼び、MCのオ・マンソクが「あれ?2人のプロフィールを見る限り同い年のはずだけど・・・」と突っ込み、イルはあせって冷や汗を流し始めた。そこでユン・アジョンが、正直に告白した。少しでも若い方が女優活動に有利だと思ってのことだったという。実際は1981年生まれである。

整形

なし

尊敬するアーティスト

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る