ユ・ヘジョン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のモデル 韓国のタレント

ユ・ヘジョンについて

ユ・ヘジョンは、ミス江原日報に選ばれたあと、1994年ミスユニバーシティ共演大会で1位を獲得した。そして翌1995年にSBS特別採用タレントとしてデビューを果たした。1998年第19回青竜映画賞にて、映画『キスしましょうか』で女優助演賞を受賞している。

主な出演作は1995年KBSドラマ『個性時代』、1996年SBSドラマ『MBCベスト劇場』、2004年MBCドラマ『氷点』、映画では2002年『家紋の栄光』『オーロラ姫』などがある。バラエティ番組では、『スタージュニアショー プンオパン(たい焼き)』で娘と一緒に出演した。最近はアパレルショップを経営している。

基本プロフィール

芸名 ユ・ヘジョン (Yoo Hye Jung)
本名 ユ・ヘジョン (Yoo Hye Jung)
国籍 韓国
性別 女性
誕生日 1973年10月06日 (46歳)
干支
星座 てんびん座

所属

事務所 BSスターエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

1999年、野球選手のソ・ヨンビンと結婚して娘をもうけたが、2007年に電撃離婚した。

ソ・ヨンビンは兵役を逃れようとした疑いで拘束され、その後公益勤務要員として勤務をしたため、野球選手としての活動を一時休止することになり、その結果、体力不足及び精神的にも問題が生じたという。

離婚の理由は「一生誰にも公表しない」と2人で約束したため明かされていないが、2人は性格の不一致からしょっちゅうケンカをしていたと言われている。

好きなタイプ

不明

性格

ユ・ヘジョンは、夫のソ・ヨンビンが兵役義務を逃れようとしたことで世間からバッシングを浴びた時、それでも結婚をあきらめない意思の強さを見せた。これに対しては、非難よりもむしろ賛辞を送る人のほうが多かった。

趣味

40代になったユ・ヘジョンは、美容に対する自負心が依然として強く、いつまでも美しい女性であろうと奮闘している。本当はロングヘアーが好きなのだが、娘に「似合わない」と言われたことがあり、それ以来ショートヘアを維持している。しかしたまにロングヘアに憧れ、そんな時はウィッグを使う。

特技

ユ・ヘジョンの特技は、古典舞踊、書道である。

デビュー前の経歴

ユ・ヘジョンは、釜山にある恵和女子高校を卒業した後、フランスエスモード学校韓国分校デザイン学科に通った。そしてミス江原日報に選ばれたあと、1994年ミスユニバーシティ共演大会で1位を獲得し、同年女優としてドラマデビューを果たした。

出身・家族・学歴

高校 釜山恵和女子高等学校
大学 エスモード学校 韓国分校 デザイン学科

周囲からの評判

野球選手の夫との離婚泥沼劇があったり、「整形中毒」と噂されるなど、ユ・ヘジョンというとあまり良くないイメージが固定されてしまったが、特に整形中毒の噂に対しては誤解があると、あるエピソードを話したことがある。

KBS2バラエティ番組『ハッピートゥギャザー』の中で二重の手術について触れた。二重の手術を受けた 直後、父が亡くなってしまい、悲しみのあまり泣きすぎて手術後の片方の目の糸がとれてしまったという。そのため再手術をすることになっただけで、何度も繰り返し整形しているわけではないと弁明した。

整形

あり(二重手術)

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る