ユ・ソジン

韓国の俳優・韓流スター 韓国のタレント

ユ・ソジンについて

ユ・ソジンは、1995年に演劇俳優として初デビューを飾り、1996年MBC公開採用25期タレントとして正式デビューした。出演作は多様だが、 主に助演の役柄を演じていたため、彼女の名前を知らない人が多い。

代表的な作品はドラマ『シークレットガーデン』。この中でヒョンビンの主治医であるパク・ジヒョン役を演じた。2012年週末劇場『美味しい人生』では、チェ・シニョン役を演じ、一風変わった姿を見せて話題となった。その他2013年tvN朝ドラマ『家族の発見』、2014年、映画『100%』、最近のものでは2017年JTBC金土ドラマ『品位のある彼女』、同年SBSドラマスペシャル『イ判サ判』がある。

基本プロフィール

芸名 ユ・ソジン (Yoo Seo Jin)
本名 ユ・ソジン (Yoo Seo Jin)
国籍 韓国
性別 女性
誕生日 1977年02月19日 (43歳)
干支
星座 みずがめ座

所属

事務所 SEBUNGURIエンターテイメント

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

一つ年下の事業家である。2人は10年間友達として過ごし、結婚一年前から恋人になった。ユ・ソジンの女優業に理解を示し、応援しながら積極的に手助けしてくれるという。2014年11月22日、ソウル三成洞にあるグランドインターコンチネンタルホテルで結婚式を挙げた。

ユ・ソジンは夫についてこのように話している。「10年という長い時間を一緒に過ごしてきたため、お互い、この人と一生一緒に生きて行ってきっと大丈夫だという確信が自然と心の中に生まれた。特に性格や価値観がとても良く合うということが結婚を決めた大きなポイントとなった。女優として、家庭の妻として、ファンの皆さんにも良い姿を見せられるように努力したい」

好きなタイプ

ユ・ソジンは、2010年に「ハン・ソッキュ、イ・ビョンホン、チャン・グンソクみたいに重低音の声を持つ男性が理想のタイプ」としながら「顔は平凡でも気にしない。声さえ良ければ全てカバーできる」と、声の重要性を強調した。

性格

ユ・ソジンは助演の役柄をコツコツと演じてキャリアを積み上げた努力家である。

2011年には飲酒運転をしてしまい評判が落ちた時期があったが、彼女なりに真摯に反省し、その後新たな気持ちで芸能界に復帰した。

趣味

現在のユ・ソジンは、女優業と育児に忙しい日々を送っていて自身の趣味を楽しむ時間はないようである。「子供ができてからは子供中心の人生に移行し、自由だった時代の自分を懐かしみながらも、子供のことがとても可愛くて、『ポケットに入れて持ち歩きたい』という意味が今となってはよく分かる」と話している。

特技

特技とは少し違うかもしれないが、ユ・ソジンのドラマ内でのファッションセンスに注目が集まっている。

2017年のドラマ『品位ある彼女』では 中性的なベリーショートの髪型が目を引き、ユ・ソジンヘアという検索語も現れたほどで、ヘアスタイルとファッションが絶妙にマッチする姿が話題となった。その他の出演ドラマの中でも、ファッションセンスの良さが目立った。

しかし実際のユ・ソジンは、そこまでファッションには関心がないという。江南で生まれ育ったが、自分自身は江南の雰囲気とは程遠いという。

デビュー前の経歴

ユ・ソジンは、MBC公式採用タレントとして、キム・ジョンウンと共に入社した。

出身・家族・学歴

高校 真善女子高等学校
大学 祥明大学校 演劇学科

周囲からの評判

2011年に、父親が所有しているアウディを飲酒運してタクシーにぶつけた騒動があった。血中アルコール濃度が0.164%と免許停止になるほどの数値だったため、マスコミに大きく取り上げられたが、深く反省し、その後気持ちを新たに活動を再開した。

2017年の人気ドラマ『品位のある彼女』で共演したイ・ヒジン、ジョン・ダヘとはドラマが終わってからも大の仲良しである。同年8月にtvN『現場トークショー』に
3人で出演し、イ・ヒジンとジョン・ダヘがユ・ソジンに対する印象を「ラーメンを食べていてもステーキを食べているような豪華な雰囲気をかもし出し、みんなを一つにまとめるパワーがあり、賢くて知的な褒め上手」と述べた。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る