水崎綾女

日本の俳優 日本のタレント

水崎綾女について

水崎綾女は、日本で活躍するタレント・女優である。

2004年に、第29回ホリプロタレントスキャラバンにて、ヤングサンデー賞を受賞し、芸能界デビューした。2005年に、『週刊ヤングサンデー』でグラビアデビューした。キャッチコピーは「平成生まれのFカップ」である。

2006年に、ドラマ『吉祥天女』で、ドラマデビューを果たして以降、女優として数多くの作品に出演している。2017年に、映画『光』ではヒロイン役を務めた。同作は、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、エキュメニカル賞を受賞している。

基本プロフィール

芸名 水崎綾女 (Ayame Misaki)
本名 津崎綾女 (Ayame Tsusaki)
国籍 日本
性別 女性
身長 163cm
体重 49kg
血液型 B型
誕生日 1989年04月26日 (31歳)
干支
星座 おうし座

所属

事務所 ホリプロ
デビュー年 2005

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

一般人・不明・該当なし

水崎綾女は2016年に、9歳年上の一般男性と結婚した。相手の男性は、同じ兵庫県出身で、お互いの趣味である麻雀を通して出会った。その年の12月に挙げた結婚式には、ホリプロの社長や、女優仲間など多くの有名人が出席していた。

しかし、2017年10月に、結婚からわずか1年3カ月で、スピード離婚した。離婚の原因として、撮影で海外や地方にいる事が増えて、すれ違いが多くなったことや、価値観の違いがあった事を挙げている。

最終的には、喧嘩別れというわけではなく、また友達に戻ろうという事で、2人で離婚届を届けに行った。

水崎綾女は、俳優の青柳翔との交際の事実や報道はないのだが、交際の噂が囁かれた。その理由として、共演した映画『ユダ』でのラブシーンが、原因なのではないかと言われているが、実際の所は分かっていない。

好きなタイプ

水崎綾女の好みのタイプは、家事ができる人である。自分が完璧主義な為、忙しくてできなかった時に、自分を責めてしまうので、ある程度家事のできる人だと、安心できるという理由からである。上手下手は関係なく、自主的にやってくれる人が、理想のタイプである。

また、年齢は絶対に年上の人で、20歳くらい上でもいい。母子家庭で育ったため、同い年や年下よりは、父親くらい歳が離れた、落ち着いた雰囲気の男性が好きである。逆に、若くてチャラついた男性は苦手。

性格

水崎綾女は、1995年に阪神淡路大震災で被災し、1年間避難所暮らしをしていた経験から、2011年の東日本大地震の際に、被災者を思いやる発言をしている。この事より、思いやりがあり、優しい性格である事が伺える。

また、スープダイエットで、10kgの減量に成功したことがあり、かなり努力家で、ストイックな一面がある。

また、15歳で芸能活動の為に、親元を離れて上京し、若くして自立していた。とても、しっかり者である。10代の頃は人見知りだったが、ゲーム『モンスターハンター』を知り合いとプレイした時に、人と繋がって、何かをする事の楽しさを感じた。自分が一歩を踏み出す事によって、変わることに気づいてからは、たくさんの人と話をするようになり、人見知りを克服した。苦手を克服できる、素晴らしい女性である。

また、芸能界に入ってすぐは、かなりネガティブで、人のことを信用することができず、共演者でさえ、敵なのではないかと思うこともあった。このままでは芸能界が嫌いになってしまうかもしれないと思い、悩んで解決できるのなら、思いっきり悩み、解決できないのなら、寝て忘れてしまうように思考を変えた所、ポジティブになっていったというエピソードがある。

趣味

水崎綾女の趣味は、歌う事、美容グッズ集め、麻雀、百人一首、サバイバルゲーム、漫画を読む事、アニメ鑑賞と、多趣味である。

美容グッズ集めについては、スキンケアやメイク道具を集めることが好きで、特にお気に入りのブランドは、ロクシタンである。ブログでは、よくおすすめのコスメについて投稿している。

また、アニメや漫画で好きな作品は、『新世紀エヴァンゲリオン』や『ONEPIECE』、『修羅の門』、『マクロス』、『ジャングルはいつもハレのちグゥ』である。

特技

水崎綾女の特技は、アクション、歌、スキューバダイビングである。
アクションについては、2008年に出演したドラマ『キューティハニーTHE LIVE』で、格闘シーンが多かった事がきっかけで、本格的にアクションを始めた。現在でも、練習を欠かさない。その後に出演した特撮『特命戦隊ゴーバスターズ』や、映画『KIRI-「職業・殺し屋。」』で、アクションの稽古を、継続している事が役に立った。

また、料理も特技の一つである。料理は特に得意料理などはなく、冷蔵庫の残り物などで、適当に創作料理を作って、楽しんでいる。

デビュー前の経歴

水崎綾女の両親は、子供の頃に離婚している。幼い頃に、阪神淡路大震災で被災し、1年間避難所で暮らす。行く先々の学校では、いじめを受けていた。「人を見たら、泥棒と思え」という教えを信じ、人を全く信じることができなかった。

中学時代は、陸上部に所属していた。通った中学校は、英語のコミュニケーションに特化していて、職業体験で、海外の人がよく来る図書館を選んだ事で、当時は通訳や、海外に関わる仕事に就きたいと思っていた。

そして、芸能界入りが決まった時、高校は決まっていたが、両立ができず中途半端になってしまうのが嫌で、高校進学を辞め、仕事一本に絞り芸能活動を始めた。

その後、完全に心を閉ざした暗い幼少時代だった為、震災の事について話す事を避けていたが、女優を始めて、マイナスだと思い込んでいた被災経験を、積極的に話す事で、同じような状況にいる人の助けになり、寄り添うことができるのではないかと考えが変わっていった。

出身・家族・学歴

兄弟 姉3人、妹
出生国 日本
出生地域 兵庫県
高校 進学せず
大学 進学せず

周囲からの評判

水崎綾女は、デビュー当時から、親交のあるタレントの小松彩夏は、水崎綾女の結婚式に出席した際に更新したブログで、「初めて会った時、人見知りの私に人懐っこく話しかけてくれた。仲良くなり、上京したばかりでほとんど友達がいなかった私は、本当に支えてもらっていた」と、感謝の言葉が綴られていた。

また、「誰よりも苦労しているし、誰よりも努力家。頑張り屋だから、無理しすぎることも多いけど、頼ってほしいし何よりも幸せになってほしい」と、努力家で、頑張り屋な一面を明かしている。

整形

なし

好きなアーティスト

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る