馬渕英俚可

馬渕英俚可について

馬渕英俚可は、日本で活躍する女優である。

中学3年生の時に、第17回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、翌年ドラマ『ツインズ教師』で、芸能界デビューを果たす。その後、ドラマ『学校の怪談』、『白線流し』、『GTO』や、映画『Shall we ダンス?』、『クワイエットルームにようこそ』に出演している。その他、「劇団☆新感線」の舞台など、数々の話題作に出演している。

また、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』には、2008年から2015年まで、レギュラー出演していた。2012年には、地元である香川県三豊のふるさと大使に就任した。

基本プロフィール

芸名 馬渕英俚可 (Erika Mabuchi)
本名 馬渕 英里何 (Erika Mabuchi)
国籍 日本
性別 女性
身長 158cm
血液型 AB型
誕生日 1979年03月07日 (41歳)
干支
星座 うお座

所属

事務所 ホリプロ

趣味

馬渕英俚可の趣味は、ヨガ、登山、自転車、舞台鑑賞、文章執筆、絵画、写真と多趣味である。

特に、ヨガにはかなり熱中しているようで、定期的にやっている。

写真については、学生時代に家族が使わなくなっていたカメラの存在を思い出して、父が持っていたマニュアルカメラを使い始めた事がきっかけである。いろいろな角度からものを撮影することによって、観たことのない視点から、景色を見る楽しさを知り、カメラにのめりこんでいった。

特技

馬渕英俚可の特技は、ヨガ、社交ダンス、バスケットボールである。

ヨガはかなり本格的にやっており、2017年には全米ヨガアライアンス(RYT200)という、海外でも通用すると言われている、ヨガインストラクターの資格を取得した。

また、登山や自転車など、様々なアクティビティを趣味としており、マラソンにも参加するなど、運動全般が得意である。アスリートフードマイスター3級という、アスリートのパフォーマンスを最大化するために、食をサポートする専門家の資格を取得している。

デビュー前の経歴

馬渕英俚可は、オーディション前の情報はないが、グランプリ受賞後上京し、多くの芸能人の出身校として有名な、日出高校に入学した。

出身・家族・学歴

高校 日出高校
大学 進学せず

周囲からの評判

馬渕英俚可は、ドラマ『白線流し』で共演していた酒井美紀から、「一緒に芝居をする機会があまりなく、撮影先で再会できてうれしかった。変わらない美しさと、見守ってくれるような安心感。きっと園子も、冬美に会ったらこんな感じだろうなと思う。近況を、ついつい冬美に聞いてほしくなってしまう感じ。白線流しの作品も、メンバーも、私にとっては本当に特別な存在」と、感謝の言葉を綴っている。(園子は白線流しでの酒井の役名で、冬美は馬渕の役名。)

整形

なし

尊敬するアーティスト

関連するアーティストを見る