大久保聡美

大久保聡美について

大久保聡美は、2010年にカンコー学生服のCMでデビューした。

舞台『美少女戦士セーラームーン La Reconquista』で、主人公のセーラームーン(月野うさぎ)役を務めた。その後の『美少女戦士セーラームーン Petite Etrangere』と『美少女戦士セーラームーン -Un Nouveau Voyage-』でも、セーラームーン役で出演し、3回にわたって主役を務めた。

アリスインプロジェクトの舞台『セブンフレンズ・セブンミニッツ』や、『新・戦国降臨ガール』にも出演した。主に、舞台やドラマに出演し、女優として活動している。

基本プロフィール

芸名 大久保聡美 (Satomi Okubo)
本名 大久保聡美 (Satomi Okubo)
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 B型
誕生日 1995年10月30日 (24歳)
干支
星座 さそり座

所属

事務所 スターダストプロモーション

性格

大久保聡美は、1対1なら平気だが、集団になると人見知りになってしまうそうだ。エンタステージのインタビューで、舞台『美少女戦士セーラームーン -Le Mouvement Final-。』のことについて、「このミュージカルに出会って、人生が変わったと言っても、過言ではない。友人としての絆も、家族のような愛もここで学んだ。それまでは、友達にも家族にも会いたいとか、好きとか伝えるタイプじゃなかった。今では自然に好意を伝えることができるようになった」と、素直になれなかった性格が、舞台出演前後で変わって素直になることができたと語った。

この舞台で共演したメンバーには、公演終了後のご飯に行った際に、「女子力が上がった」、「大人になった」などと褒められたそうだ。

物事を深く考え過ぎてしまうタイプで、お風呂上がりに、ドライヤーで髪を乾かしながら、寝るまでの間に、「未来には、宇宙が狭いという人が出てくるのか」ということや、「そんな未来まで、人類は生き残っているのか」など、くだらないことを考え込んでしまうという。

趣味

大久保聡美の趣味は、アニメを観ること、漫画を読むこと、オンラインゲームである。

アニメで好きなジャンルは、青春系、恋愛系、ギャグ系である。好きなアニメは、『薄桜鬼』『銀魂』『君に届け』『ちはやふる』『花咲くいろは』『SAO』『妖狐×僕SS』である。

アニメ関連のイベントなどにも、行くことがあるそうだ。ブログでは、アニメの新しいクールになると、楽しみなアニメについて語っており、特に好きな漫画がアニメ化される時などは、かなり興奮した様子でブログを投稿している。

特技

大久保聡美の特技は、側転とクラシックバレエである。

コミックナタリーのインタビューで、舞台『美少女戦士セーラームーン La Reconquista』のオーディション時の、特技にまつわるエピソードを語っていた。

オーディションの特技披露で、得意であった側転を披露しようとしたが、その時どうしてもお手洗いに行きたくなってしまい、「このまま続けたら、漏れてしまう」と思い、披露することができなくて、悔しかったという。

クラシックバレエは、子供の頃に習っていた。

出身・家族・学歴

兄弟
大学 進学せず

周囲からの評判

大久保聡美について、舞台『青の祓魔師 島根イルミナティ篇』で共演した、俳優の宮崎秋人は、最終公演終了後のブログで、「凄かった。あんなに若いのに。尊敬しっぱなし。今作は出雲(大久保魔の役名)が主役みたいなもので、出雲次第と周りから言われる中で、見事にここまでのものにしてくれた。プレ稽古で会った時から、ずっとすごいと思っていたし、焦った。負けたくないと思わされていた。一役者として、素直に嫉妬させられた」と絶賛した。

整形

なし

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る