岡本杏理

岡本杏理について

岡本杏理は、小学校3年生の春休みに、原宿で現在のマネージャーにスカウトされた。

2005年から1年間、スターダストプロモーションのアイドルユニット、『Power Age』に所属していた。2006年から2009年まで、雑誌『ラブベリー』の専属モデルを務める。

『エプソン』でCMデビューを果たすと、2008年にBS-iドラマ『東京少女』で、連続ドラマに初主演を果たす。翌年から、雑誌『Seventeen』の専属モデルになる。その後、映画『ヤッターマン』や、ドラマ『小公女セイラ』に出演するなど、女優としても活躍している。

2015年に『Seventeen』のモデルを卒業し、同年から『non-no』の専属モデルを務めている。

基本プロフィール

芸名 岡本杏理 (Anri Okamoto)
本名 岡本杏理 (Anri Okamoto)
国籍 日本
性別 女性
身長 167cm
血液型 A型
誕生日 1994年07月01日 (26歳)
干支
星座 かに座

所属

事務所 スターダストプロモーション

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

岡本杏理と小越勇輝は、特に報道や目撃情報はない為、確実な情報かは不明であるが、お揃いのものをつけていたことで、熱愛が囁かれるようになった。

お揃いのリングをつけているとされる、インスタグラムの投稿をファンに指摘され、2人ともその投稿を削除していたそうだ。それがきっかけとなり、連絡を取り合って、同時に消したのではないかとの噂が広がった。

2人が堀越学園の同級生であることもあり、「高校で知り合って、交際が始まったのではないか」との声もある。

好きなタイプ

岡本杏理はブログで、ファンに好きな男性のタイプを質問された際に、「優しくて、何かに一生懸命に取り組んでいる人。よく笑う人が好き」と答えていた。

2度質問があったが、どちらも「優しい人」と答えていた。尊敬できて、思いやりのある人が、理想である。異性が普段見せない、意外な一面を見た時に、素敵だと思うそうだ。

性格

岡本杏理は、自由気ままでストイック、また大雑把な性格である。特に美容面では、かなりストイックで、常に目標のスタイル像を持って、それを目標に、トレーニングやスキンケアを怠らない。

ダイエットは、あまり無理をしすぎないこと、人と比べないことが大切だという。芝居に対する意識も高く、もらった役に関して、その人がどんな人柄なのかを細かく分析する。

テンションが高くなる時はあるが、そこまでコメディで、お笑いキャラといった感じではない。友達からは、よく「さっぱりしすぎている」と言われるそう。「人の話を聞いているようで、聞いていない」と指摘されることもある。学校では、よく「うるさい」と友達に言われたそうだ。宿題などは、ギリギリになるまで、やらないタイプである。

映画『ヤッターマン』に出演した際に、自身が演じた、翔子に共感する部分を尋ねられて、「家族を大切にするところ」と答えた。家族がかなり仲がいいそうで、家族想いである。

A型だが、綺麗好きなところはなく、バッグの中もぐしゃぐしゃだという。

趣味

岡本杏理の趣味は、食品サンプル集め、舞台鑑賞、散歩、科学館巡り、ネイルアート、絶叫マシンに乗ることなどである。

食品サンプルは、合羽橋まで行って買っている。ポイントカードを作って通っており、部屋は食品サンプルだらけなのだそう。指先は、常に綺麗にしていないと、落ち着かないそうで、セルフネイルで、常に綺麗なネイルを保っている。

舞台鑑賞は、自分にとって「生きててよかった」と思えるほど、大好きな時間だという。ブログでは、よく舞台の感想などを投稿している。

特技

岡本杏理の特技は、バレーボール、トランポリン、ダンス、フィギュアスケートである。

バレーボールは、小さい頃から兄と一緒にやっていて、全国大会に出場したこともある。プレイすることも好きだが、観戦することも好きである。体を動かすことが好きで、スポーツが得意である。

小学校6年生の時に出演した、ドラマ『スマイル 聖夜の奇跡』がきっかけで、フィギュアスケートに挑戦し、スケートの経験が全くなかったにも関わらず、3ヶ月間でジャンプやスピンまで、できるようになった。

デビュー前の経歴

岡本杏理は、初恋は幼稚園の頃だと言われているが、自分では全く記憶がないそうだ。ブログで、「小さい頃行ったみたいだけど覚えていない」と言った記述が、いくつか見られる。

幼少期から、様々なスポーツを習っていた。両親と兄がバレーボールをやっていたこともあり、小学1年生の時に、本格的にバレーボールを始める。小学校4年生で、芸能界入りするまで、続けていた。

他にもスイミングや、トランポリン競技も習っていた。仕事を始めるまでは、夏は毎週のように海に遊びに行き、BBQをしていたそう。仕事を始めてからは、日焼けをしてしまう為、なかなか行けなくなってしまったという。

実家には、祖父母が同居していて、近所にいとこも住んでいるため、土日は親戚が集まって、10人くらいで夕飯を食べていたそうだ。

小学校3年生の春休みに、代々木競技場で春高バレーを観戦した帰りに、原宿で現在のマネージャーにスカウトされる。初めは芸能界に興味がなく、バレーボールを続けるつもりであったが、事務所のレッスンを受けている内に、楽しくなってきたという。

出身・家族・学歴

兄弟
高校 堀越学園
大学 進学せず

周囲からの評判

岡本杏理について、雑誌『Seventeen』で同期だったモデルの鈴木友菜は、岡本とご飯に行った際に、「年下ではあるけれど、尊敬するところがたくさんあって、大好き。相変わらずの色白だった。本当に楽しかったし、刺激にもなったいい日だった」と綴った。

アイドルグループ、SUPER☆GIRLSの浅川梨奈は、「初めは何を話せばいいかわからず、気まずかったけれど、今では思い切り甘えられて、相談もできて、一緒に全力でふざけてくれる、大好きな存在」と話した。

整形

なし

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る