中林大樹

中林大樹について

中林大樹は、2007年に人気コミック『めぞん一刻』の実写ドラマで、俳優デビューした。

中林が務めた五代裕作役は、オーディションで選考され、その条件は、芸能活動をしていない一般男性ということであった。3200人という応募者の中から、晴れて五代裕作役を射止めた中林は、その後も数々の有名作品に出演している。

『ゲゲゲの女房』や『梅ちゃん先生』という、NHKの朝ドラへの出演や、『銭の戦争』『ドクターX』などの話題作にも出演し、その見た目から、注目が高まっている。

基本プロフィール

芸名 中林大樹 (Taiki Nakabayashi)
本名 中林大樹 (Taiki Nakabayashi)
国籍 日本
性別 男性
身長 180cm
血液型 A型
誕生日 1985年01月06日 (35歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 スターダストプロモーション
デビュー年 2007

交際相手、彼氏・彼女に関する噂・報道

2009年公開の映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」での共演をきっかけに知り合い、後に交際へ発展した。

竹内には2008年に離婚した中村獅童との間に息子がいるが、「将来を話し合う中で『三人一緒になればこれから楽しくなるね』と息子が背中押してくれたこともあり、このような運びとなりました」と語っており、息子の後押しから2019年結婚に至った。

好きなタイプ

中林大樹の好きなタイプは、思いやりがあって、気が利く女性である。

趣味

中林大樹の趣味は、サーフィンと音楽鑑賞である。

特技

中林大樹の特技は、スノーボードとバスケットボールである。

デビュー前の経歴

中林大樹は、大学では法学部に通い、司法書士を目指していた。大学3年生の頃、あるきっかけで、俳優を目指す決意をした。就職活動をしている中で、迷いが生じ、「生涯かけて、やりたい仕事は何か」と、自問自答した時に、俳優という職業が浮かびあがってきたという。

昔から、映画やドラマに感動したり、泣いたり笑ったりすることが好きであった中林は、「自分もこんな風に、見ている人を感動させることができたら」と、俳優に強い思いを抱いた。

そんな中林の背中を押したのは、大学時代の友人であった。彼の勧めもあり、俳優を目指す決意をした中林は、2007年にドラマ『めぞん一刻』で、晴れて俳優デビューをする。その後、『ゲゲゲの女房』や、『ストロベリーナイト』『ドクターX』など、有名ドラマに数々出演している。

出身・家族・学歴

兄弟 兄・姉
高校 智辯学園高等学校
大学 大阪学院大学

周囲からの評判

中林大樹とのツーショットを同じ事務所の後輩である、伊形城がツイッターで公開した。そこには、「役作りや演技の相談に、とても丁寧に答えてくれた」とも書かれていた。

また、「立ち姿がかっこいい」とも書かれており、面倒見のいい、優しい先輩で、男性から見てもかっこいい男だと、思われていることが分かる。

整形

中林大樹に、整形の疑いはない。

公式サイト・SNS

出演映画・ドラマ

すべての出演映画・ドラマを見る

関連するアーティストを見る