川口力哉

日本の俳優 日本のモデル

川口力哉について

ホリプロ所属のモデル、俳優。
元々はプロボクサーを目指していた。
21歳でモデルデビューし、プラダのミラノコレクションで日本人初の専属モデルとして脚光を浴びた。
海外での活動が多かった為、英語が堪能である。

芸名はローマ字表記がかっこいいとなって「RIKIYA」だったが、
2014年5月から39歳、40歳を目前に映画出演を機に日本名に改名し、姓ほ本名の川口、名は漢字表記にして再出発をした。
現在はドラマ、映画をメインに活動している。
プライベートではボクシングジムにもまた通い始めたとのことだ。

基本プロフィール

芸名 川口力哉 (Rikiya Kawaguchi)
本名 川口 (Kawaguchi)
ニックネーム りきや
国籍 日本
性別 男性
身長 184cm
体重 74kg
血液型 A型
誕生日 1975年01月17日 (45歳)
干支
星座 やぎ座

所属

事務所 ホリプロ
デビュー年 2000

好きなタイプ

綺麗な人。
常識のある人。

性格

いくつになってもいろんなことに挑戦していきたいと話す川口。
ラーメン食べ歩き30年や、ボクシングも3度挑戦。
幼少期、塾が大好きだったことを生かし塾も開業した。
草野球も趣味とのことだ。

趣味

釣り、草野球
また、中学生の頃から、なぜか塾に興味があり、タウンページを片手に地元和歌山の学習塾に片っ端から電話する位宿お宅でした。海溝にあたっては、宿オタクだった当時の自分が通いたくなるような学習環境とカリキュラムを準備いたしました。人は出会いによって、その人生の角度を微妙に変えてゆくものです。私たちの出会いが子供たちの豊かな未来に少しでもプラスになってくれればと心から願っています。と未来創造スクールグリーンスターの
の挨拶で話している。

特技

居合、殺陣、ボクシング
ボクシングに関しては19歳の時にいちどやっており、
2017年自身のブログにでは「三度返り咲きの予定」と題名をつけ、ボクシングを再開ている。
ブログの内容は、ボクシングは自分にとってのペースメーカー。ボクシングのリズムが携帯になると、もうそれだけで体と気分が乗ってきます。ボクシングはこれで3度目と自身のブログで公表している。女性会員が多いジムだったので女性人の前でカッコつけようと余計に張り切って二の腕はパンパンになりました。いくつになってもかっこつけは治りません。と記事にしている。

デビュー前の経歴

僕はかつてエリート予備軍の一員だった。学校の先生の指示通りに勉強して、親に勧められた塾の先生の指示通りに勉強したら、気がつけば有名神学校と言われる学校の生徒になっていた。確かにエリートと呼ばれていた自分も悪くなかった。
毎朝の通学電車では毎日がお祭りみたいにはしゃいでいる同年代の焦げるに無関心を装って単語帳を開き、降車駅によって明確に区別されているエリート意識に塗り固められた灰色のオーラを発する行儀の良い蟻の行列の中へ自分も加わる。
その蟻たちには与えられた大きな使命がある。
一流大学現役合格。
蟻たちわ使命に忠実だ。
仲間より、恋より、遊びより、スポーツより。
と、幼少期、青春時代はすべて勉強につぎ込んだと語る川口。
大学時代は帝拳ジムに通い、プロボクサーを目指し、テストに合格するも、レーシックを受けていたことが発覚し、プロデビューを断念した。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 和歌山県
高校 智弁和歌山高校
大学 早稲田

家族のエピソード・詳細

詳細は不明だが自身のブログでは、両親についてこんなことを書いていた。
幼少期、青春時代は勉強一直線。
「両親は僕がそんな姿でいることにすごく満足している様子だった。」と明かしている。
川口のやりたいことをやると言う気持ちに対して大学までは行きなさいとなんどか喧嘩をしたようだ。

解散・引退について

周囲からの評判

整形

なし

好きな食べ物

ラーメン

公式サイト・SNS

公式サイト
Instagram
Twitter
Weibo
YouTube

関連するアーティストを見る