大谷舞風

日本のモデル

大谷舞風について

2017年度のミスキャンパス関西学院大学で準グランプリに選出された経歴を持ち、大学在学中ながらリポーターとして活動をしている。

現在はセント・フォース関西に所属し、テレビ東京の番組「知られざるガリバー~エクセレントカンパニーファイル~」に出演。AbemaTV「柴田阿弥の金曜TheNIGHT」にもゲスト出演するなど、バラエティー番組にもすそ野を広げている。

また、小学生の頃にはミュージカルスクールにも通っていたことがあり、元宝塚歌劇団星組の男役・朝宮真由から指導を受けていたという経験を持っている。

基本プロフィール

芸名 大谷舞風
本名 大谷舞風
ニックネーム まいかっち
国籍 日本
性別 女性
身長 160cm
血液型 A型
誕生日 1996年01月15日 (26歳)
干支
星座 やぎ座

所属

参加グループ
デビュー年 2018

好きなタイプ

ミスコンのインタビューでは、好きな人に対して「照れくさくてアピールができない」と語っている。恋愛に対しては控えめなタイプであり、相手側から積極的に話しかけられるのを待つようだ。

自分からアピールできない控えめな女子が大谷舞風だろう。しかしリポーターとして活動していることから、以前よりは積極的に話しかけられるようになっているのかもしれない。

理想の相手には「自分にも周りにも優しく接してくれる人」と回答。芸能人には福士蒼汰のような男性を挙げている。

性格

大谷舞風は大学在学中ながらリポーターとして活動している。しかし性格は意外なことに、異性に対して積極的に話しかけられないことから、控え目で大人しいことが分かる。

ミスコンのファイナリストに選ばれた時は、周りと自分を比較してしまい、自分を見失ったことも。自分の良さを確認しようとしたところで、劣等感に苛まれることは珍しくないが、考えすぎるところもあるのだろう。

また、中高6年間はコーラス部に所属していた経歴がある。歌を歌って募金活動をしたことがあり、社会への貢献する姿勢も持ち合わせている。

趣味

「歌うこと」「カフェ巡り」を挙げている。歌うことは中高6年間にコーラス部での活動を経験していることから、そのまま趣味へと繋がっているようだ。

2011年の東日本大震災が発生した際、大谷舞風はコーラス部の一員として復興支援のための募金活動に参加したことがある。メディアに取り上げられ、視聴者から感謝の手紙を貰ったことがあり、歌の力を初めて実感したのだとか。

言葉では伝えられないことは、歌でなら伝えることができる。歌の力を身を持って知っているといえるだろう。

特技

中学・高校時代はコーラス部に所属していた。出身校は全国大会に出場する強豪校でもあるため、その中で厳しい練習に明け暮れていたと語っている。

パートはソプラノを担当。さらにパートリーダーも務めていたそうで、少しでも音程を外してしまうと最初からやり直しとなるなど、過酷な環境での練習に明け暮れていた。

そしてコーラス部として全国大会出場も経験。コーラス部での募金活動などもあり、歌で何かを伝えることの魅力に惹かれて、メディアでの仕事に携わりたいと思うようになったとも告白している。

デビュー前の経歴

2018年からリポーターとして活動するようになった大谷舞風は、2017年に関西学院大学のミスコンでファイナリストに選出されたことをきっかけに芸能活動スタートさせた。

小学生の頃にはミュージカルスクールで、元宝塚歌劇団星組・宙組の男役・朝宮真由から指導を受けていたとのこと。また、中高6年間ではコーラス部にも所属していた。

コーラス部ではソプラノのパートリーダーを担当。全国大会出場の経験を持っていることから、高い実力を持っていることが分かる。

出身・家族・学歴

出生国 日本
出生地域 兵庫県
高校 神戸学院大学附属高等学校
大学 関西学院大学

周囲からの評判

ファンから「かわいい」「似合っている」などの声が多数上がっている。様々なファッションに身を包みつつ、表情も笑顔などキュートな瞬間を覗かせているため好評だ。

一方で投稿文章には、社会学部に在籍する学生らしいコメントも見られる。プラスチックのゴミ問題やロケで学んだことを披露しており、ファンは勉強になっているといえるだろう。

私生活を覗かせながらも、仕事に関する報告も欠かしてはいない。ファンたちは大谷舞風を応援していると同時に、癒しを貰っている様子だ。

公式サイト・SNS