上原潤

日本のアイドル 日本の歌手

上原潤について

韓国の大人気サバイバル音楽番組ProduceX101に日本人として登場し、その韓国語の上手さや安定した歌声で国民プロデューサーの心を射止めた。「えーまじー」という言葉が印象的だった。第一回順位発表では惜しくも91位で敗退してしまったがかなりの注目を集めた。

そんな上原が日本版Produce101 Japanに突如と登場し、参加練習生の中で話題をかっさらった。上原は今現在もデビューをかけひたすら練習や課題に打ち込んでいる。

基本プロフィール

芸名 上原潤 (Uehara Jun )
本名 上原潤 (Uehara Jun)
国籍 韓国
性別 男性
身長 177cm
体重 62kg
血液型 B型
誕生日 1996年11月23日 (23歳)
干支
星座 いて座

所属

事務所 所属なし
デビュー年 2019

性格

ProduceX 101が終わって間もないころに、立て続けにProduce101 Japanに出演したことから、アイドルとしてデビューすることに全身全霊をかけている。

負けず嫌いな一面もあり、番組内で他の練習生とセンター争いを繰り広げ、そののちセンターを奪い取った。他の練習生からも尊敬されるほどラップの実力がある。また表現力が豊かであり、練習生から”目で殺しに行っている”と言われていた。

現在の順位は12位であり、スタート時から徐々に落ちてきている。しかし上原はいたって冷静である。

趣味

趣味は自作のラップを作ること、映画鑑賞。

Produce101 Japan番組内で、チーム全員で思い思いにラップを作る場面があり、上原が一番最初に自作ラップを作り終えた。その後チームメイトにもアドバイスをするなど、ラップ制作にとても長けている。

ラップバトルで全体の二位になった。

また、デビューをしたら国民プロデューサーに腹筋を見せるという公約をしており、日頃の筋トレに励んでいる。

洋楽、K-POP、J-POPに関わらず全ての音楽のジャンルを聞く。

特技

特技はラップ、ギターを弾くこと、韓国語、英語。Produce101 Japanでの一分間自己PR動画では特技の自作ラップを得意な韓国語と英語を交え披露した。また母親が韓国人のようで、出演者が驚くほど韓国語の発音が綺麗。韓国人練習生が日本語が分からない場面があり、すかさず韓国語を日本語に翻訳して助けるといったスキルを持っている。

ラップ時の英語の発音もとてもスムーズだ。

観客と一緒に、一体となって行うラップスタイルで、観客も楽しめるステージを作ることが出来る。

出身・家族・学歴

兄弟
出生国 日本
出生地域 東京都
高校 不明
大学 不明

家族のエピソード・詳細

母 韓国人 父不明
兄が二人いる。
二番目の兄の名前は上原一翔(うえはら いちか)という。株式会社レプロエンタテインメント所属。俳優活動や歌手活動をしている。自身のTwitterに弟の上原を応援するツイートをしていた。

周囲からの評判

韓国版Produce X101に出ていた過去がある故、日本版Produce101に出演が決まったと同時に視聴者の興味を引き付けた。番組内でも出演などシーンが他の練習生と比べて多く、批判を買った。大物扱いしすぎ、態度が大きい、という視聴者の声も多くあった。しかし上原は歌、ダンスともに実力があり、ボイストレーナーから高音がよく出ていると絶賛された。またラップの実力もあり、番組内で同じ練習生であり、大人気の川尻蓮からラップパートを大抜擢された。

上原は練習生の中でも珍しく、オールラウンドの物事が出来る人物だ。歌、ラップ、ダンス全てに周りの信頼を得ている。

公式サイト・SNS

関連するアーティストを見る